学び・知識

テストパターンから浮かび上がるNYタイムズスクエアの巨大ビルボード群の全貌。池田亮司「test pattern」

投稿日:

Test pattern 0

Test pattern 2

Test pattern 1

日常にアートが侵食した時、日常に潜んでいた虚が暴かれる。"世界の中心" とも言われるニューヨーク、タイムズスクエア。一昨年に筆者も訪れたが、中心を取り囲むように配置された巨大ビルボード群に圧倒され嫌が応にもここが世界の中心であることを感じさせられた。タイムズスクウェアでは10月1日〜31日までの間、The Times Square Advertising CoalitionとTimes Square Artsによるイベント「Midnight Moment」の一環として、23:57から池田亮司氏の作品「test pattern」が上映されている。いつもは広告で埋まっているタイムズスクウェアの壁面が一面、ストライプのパターンによって "空白" となるさまは、いつもは気がつかなかったタイムズスクウェアの化けの皮を剥がすようで刺激的だ。

大きなテクノロジーがあるとき、これで何かできるか、何を足すか考えてしまうが、そこからあえて存在を消すようなアプローチというのはある意味贅沢な使い方であり、新しい発見を生み出すこともあるだろう。「test pattern」は11月5日(水)~9日(日)の間Red Bull Music Academyプログラム第2部の一環として Spiral Hallで上映 された。

元の記事を見る

-学び・知識

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.