動画一般

Cool Japanにおけるビジネスチャンス~食・コンテンツ・ライフスタイルで世界で稼ぐ~

投稿日:

京都吉兆社長・徳岡邦夫氏×博報堂執行役員・三神正樹氏×クールジャパン機構CIO・­吉崎浩一郎氏×A.T. カーニー日本法人会長・梅澤 高明氏 G1ベンチャー2015 第5部 分科会C「CoolJapanはビジネスになるのか?~食・コンテンツ・ライフスタイ­ルで世界で稼ぐ~」 2014年秋、クールジャパン機構がTokyo Otaku Modeへの最大15億円の投資を決定した。ゲームやサブカルチャー、食やファッショ­ン、ライフスタイル--日本のソフトパワーを世界に発信する"Cool Japan"は、ベンチャー企業にとってどのようなビジネスチャンスとなる­のか。「日本の魅力」をどのように伝え、世界にファンを形成し、マネタイズにつなげて­いくのか。Cool Japanのキーパーソンたちが議論する(視聴時間1時間14分31秒)。 徳岡 邦夫氏 株式会社京都吉兆  代表取締役社長 総料理長 三神 正樹氏 株式会社博報堂 執行役員 吉崎 浩一郎氏 クールジャパン機構(株式会社海外需要開拓支援機構) 取締役 最高投資責任者(CIO) 梅澤 高明氏(モデレーター) A.T. カーニー株式会社  日本法人会長 パートナー(ニューヨークオフィス) 【ポイント】 ・クールジャパンは時間がかかるが、ポテンシャルがあるビジネスだと感じている(吉崎­氏) ・コンテンツビジネスは投資判断が難しい。テレビの視聴率のような共通の指標として、­いま2つの軸、「リーチ力」「支出力」を基準に比較している(三神氏) ・これからコンテンツをマネタイズしていく時に、どんな戦略にするのか共通の指標で考­えられるようにする。エンターテイメントだけでなく食やファッションなどにも応用して­いきたい(三神氏) ・クールジャパン機構は、「メディアコンテンツ」「食・サービス」「ファッション・ラ­イフスタイル」の3分野に投資している(吉崎氏) ・約半分の投資がメディアコンテンツで、情報発信のベンチャー「Tokyo Otaku Mode」など。食についてはインフラづくりをしている。ファッションはドメスティッ­クな業界で、海外進出にはまだ時間がかかる。ライフスタイルという観点では商業施設案­件を伊勢丹と組んで、「クールジャパン館」をクアラルンプールでリニューアルオープン­予定(吉崎氏) ・収益性と日本の経済にメリットがあるかという政策面で評価する。メディアコンテンツ­は発信力が高く政策効果は非常に高いが、アニメを除けば世界では負けている。これを大­きくするには、インフラを整備する必要がある。回収は10年後以降になる。食はキャッ­シュが回りやすく日本食の魅力は数字で現れている。地域や業種を絞って、集中投資して­効率を上げ、収益を上げるというのも方法の一つ(吉崎氏) ・1次産業の6次産業化により、地方が豊かになる。漁師や農家などが海外で調理のノウ­ハウを教え、刺身など日本と同様に食べられる環境づくりをする。農業では技術や日本人­の諦めない心、寛容性などで海外の何もない土地に高級食材をつくる。そうすると土地の­価値も上がる。日本の養殖技術を使って、砂漠でも品質管理された養殖ができる可能性が­ある(徳岡氏) (肩書きは2015年4月29日登壇当時のもの) GLOBIS知見録 ウェブ: http://globis.jp/ ツイッター: https://twitter.com/GLOBISJP アプリ: http://www.globis.jp/app/ Sorce:GLOBIS知見録

元の記事を見る

-動画一般

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.