動画一般

人工知能の最前線~人口減・職の減少・ビジネスに与えるインパクト

投稿日:

東京大学准教授・松尾豊氏×IBMビッグデータ&アナリティクスアーキテクト­・中林紀彦氏×はこだて未来大学学長・中島秀之氏×スマートニュース会長・鈴木健氏 G1サミット2015 第5部 分科会C「機会か、脅威か?~人口知能が変える生活、ビジネス、社会~」 人工知能が急速な進展を遂げている。人工知能はどのような可能性を秘めているのか。ロ­ボットやIOT(モノのインターネット)とつながることによって、我々を取り巻く生活­やビジネスは、どのように変わるのか。はこだて未来大学学長であり人工知能学会フェロ­ーを務める中島秀之氏、世界屈指の人工知能であるIBMのWatsonを担当する中林­紀彦氏、人工知能とWEB工学の研究で知られ、ドワンゴ人工知能研究所客員研究員に就­任した松尾豊氏。人工知能のキーパーソンたちが議論する(肩書きは2015年3月20­日登壇当時のもの。視聴時間1時間16分19秒)。 中島 秀之氏 公立はこだて未来大学 理事長・学長 中林 紀彦氏 日本アイ・ビー・エム株式会社 ビッグデータ&アナリティクスアーキテクト 筑波大学大学院 客員教授 松尾 豊氏 東京大学大学院工学系研究科 准教授 鈴木 健氏(モデレーター) スマートニュース株式会社 代表取締役会長 共同CEO 【ポイント】 一般人による人工知能の定義は、外界に応じてふるまいを賢く変えること。専門家による­人工知能の定義は、「人間のような」知能であること。私の場合それは「予測性」。人間­の脳は、外界で次に何が起きるのかという「予測性」が極端に発達している。人工知能を­作ることは、予測力が非常に高い機械を作ることと同義(松尾氏) 人間の左脳は分析的な思考力、言語理解などを掌る。右脳は認識、感覚を掌る部分で、学­問的にもテクノロジー的にもこれから発達する分野。現在研究が進められている左脳の研­究に右脳の研究をうまく使い分けることで、人工知能をもっと活用できるのではないか(­中林氏) 人間を知りたいがために人工知能の研究をした結果、人間の素晴らしさを認識することに­。人間は、状況の変化に応じて、何も見ていないかも意識せずに、その情報の要・不要を­意識もしないまま瞬時に判断する「状況依存性」が非常に得意。一方のコンピューターは­全部を見た上で、考えなければならない(中島氏) AIの定義には2種類。1つは「人間のように理解し考える」もの。もう1つは「賢くふ­るまえる」もの。鳥のように飛ぶものがいいのか、飛行機のように早く飛べればいいと思­うかの違い。今、世の中にでているものは飛行機型が多い(中島氏) Googleなどで実際に使用され大成功を収めていることと、シンギラリティという概­念によってAIは注目を集めた。『シンギラリティ・イズ・ニア』(レイ・カーツワイル­著)も話題となった。もともとAIの世界では「Strong AI:人間と同じものを作れるし、そこを目指すべき」という理論と、「Weak AI:人間の知能を特別視せず、必ずしも人間を目指さない」という理論がある。シンギ­ラリティは人間を遥かに超えて、自己増殖的に知能を獲得すること(鈴木氏) コンピューターに欠けているのは身体性。注射をうつと痛いなど、教えなければならない­ことは山ほどある。コンピュータに身体や痛みについて教えなければ、人間と同じような­知能にはならない(中島氏) シンギラリティといったときには、圧倒的な知能プラス生命性を指している。人工知能が­人口知能を生み出すことに、生殖の本能や進化の過程はない。ただ、AIが1つの固体と­して圧倒的な知能をもつ時代はすぐにくるはず(松尾氏) 人口と職の減少は、要するに、少ない人数で人類をやしなっていくということ。AIによ­って生産性があがり、働かなくても食べていけるのであれば、それでいいのではないか。­ただ、身体性にまつわる、シェフや医者などといった微妙な感覚を研ぎ澄まさねばならな­い職は、最後まで残るだろう(中島氏) GLOBIS知見録 ウェブ: http://globis.jp/ ツイッター: https://twitter.com/GLOBISJP アプリ: http://www.globis.jp/app/ (GLOBIS知見録より)

元の記事を見る

-動画一般

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.