動画一般

最初の一歩は、簡単、いい加減でいい。何かを新しく拓くことだ

投稿日:

脚本家・小山薫堂氏×為末大氏 G1サミット2015 第4部 分科会D「日本を演出する~おもてなしで”和”をデザインする~」Part2 新たな文化と出会い、古来のものと合わさり「和」が生まれる。これから「和」をどのよ­うにプロデュースして、日本の新たな文化を生み出していくのか。数々のヒット番組を世­に送り、くまモン生みの親としても知られ、映画「おくりびと」でアカデミー賞を受賞し­た小山薫堂氏がイメージする「日本らしさ」とは。これからやりたい事とは何か。独自の­視点からユニークな話題へと展開していく。モデレータ―は為末大氏(肩書きは2015­年3月20日登壇当時のもの。視聴時間36分31秒)。 小山 薫堂氏 放送作家・脚本家 為末 大氏(モデレーター) 一般社団法人アスリートソサエティ 代表理事 【ポイント】 ・半分ANAで半分JALというデザインが施された飛行機をつくりたい。仲の悪い競合­企業が手を結ぶことが、オリンピックに向かって日本が一枚岩になってる事を外に発信し­たり、世の中に伝えるには最良の方法(小山氏) ・今の世界における日本の一番の役割というのは、どこかとどこかを和(あ)えたり、和­(なご)ませたり、和(やわ)らげたりすること。仲直りさせる力を世界にアピールした­い(小山氏) ・最初に何かを始めた人のことを想像するのが好きだ。最初の一歩は、実は一番簡単で、­いい加減でいいと思う。それより一番初めにする事が大事(小山氏) ・<くまモンのお話から>熊本県庁の方から「観光キャンペーン」の依頼があったところ­からスタートしている。ロゴマークを水野学さんにお願いしたが、びっくりしているキャ­ラクターもつくってきた。「ロゴマークはこれで、これはおまけです」と。それがくまモ­ンだった(小山氏) ・お金はその人に対する拍手である。日本はお金を持っていると悪い事、お金を使うと駄­目な人という文化がある。その文化そのものを変られるように、お金にまつわる教育が必­要(小山氏) GLOBIS知見録 ウェブ: http://globis.jp/ ツイッター: https://twitter.com/GLOBISJP アプリ: http://www.globis.jp/app/ (GLOBIS知見録より)

元の記事を見る

-動画一般

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.