動画一般 学び・知識 感動・泣き

フランスで、学校でのいじめを厳罰化 最大で禁錮10年

投稿日:

フランスで、学校でのいじめを厳罰化する動きが進んでいる。

 国民議会(下院)は11月、いじめ被害者が自殺または自殺未遂した場合に最大で禁錮10年と15万ユーロ(約2000万円)の罰金を科すことなどを定めた法案を可決。来年1月には上院の審議が始まる。

 現行法では、いじめ加害者が13~17歳の場合は最大で禁錮2年6月と7500ユーロ(約100万円)の罰金、18歳以上の成年なら最大で禁錮5年と7万5000ユーロ(約1000万円)の罰金が定められている。被害者が自殺または自殺未遂した場合に刑が最も重くなる。刑事責任を問われない13歳未満の加害者は罰則の対象外。

 教育省報道官は時事通信の取材に対し、今回の法案について「罰則の適用年齢など詳細は今後の審議で決定される」と説明した。

 ここ数年はインターネットを通じたいじめが増加している。政府は来年2月、いじめ被害者のスマートフォンに届いた嫌がらせメッセージの画面内容を保存した「スクリーンショット」などを送信できる通報アプリの運用を開始予定。子供のパソコンやスマホなどを親が管理できるようにする措置も検討している。

参照:参照

寄せられていたコメント

●そのまま日本に適用するのは難しくても、この流れは取り入れていくべきではないか?
現在の日本では、いじめ加害者には何もペナルティーはない。むしろ被害者が転校を余儀なくされたりする。
スマートフォンなどを使ったいじめは、学校からは見えづらく、そもそも保護者に監督責任ごあることを法的に明確に示すべきだ。
●日本もこういう法律を作るべき。
それと、強力な権限をもつ地縁と無関係なメンバーで組織された調査機関も立ち上げてほしい。
●この流れは日本も見習うべきだ。
いじめは、学校とかで何とかできるレベルではない。
警察や司法がどんどん入って、加害者にキッチリ責任を取らせるような仕組みをつくらなければならない。
●こうやって合理的に変化させられるのは海外のいいところだよね。

日本人は「変化」を極端に恐れるからどんどん世界から取り残されていくよね。

●すごい。

民主主義のレベルが違う感じがした。

ただ、いじめの証拠をどうやって残すのだろうか。
自白だけだと別の問題を感じてしまうし、
監視カメラだのみだと、カメラの死角が危なくなるかもしれないし、学校外でのいじめが増えるだけかもしれない。

個人のスマホで常に音声録音するにしても、
いじめ側としたら、スマホを取り上げてデータを消してしまえば済む事。

投稿 フランスで、学校でのいじめを厳罰化 最大で禁錮10年チャンネル「てみた」 に最初に表示されました。

元の記事を見る

-動画一般, 学び・知識, 感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.