動画一般 学び・知識 感動・泣き

日本と海外の創作物への対価の違い 「良質なクリエイターが安月給で働く日本とは真逆」

投稿日:

寄せられていたコメント

●なんというか日本全体がプロに金を払うってことの意味を見失いつつあるんじゃないのかという気がします。絵を描くのだって大型車を運転するのだってプログラムを書くのだって自分じゃできないから相応の金で雇うのだろうと思うんですがねえ…
●私、大型バスの運転免許持ってるんですけど、ちょっと調べたらいまバス運転手の時給って1000円くらいで……あんなお客さんの命預かる仕事で1000円とか絶対無理だろ、と思うくらい、全体的に社会がひどいです。クリエイター抜きで見ても。
●東映が勘違いしないで、Amazon予算1話分で製作したアマゾンズ1話ってどんな作品なのか見たかったな。
●クウガの時にオダギリが一話あたりの予算を聞いて、「えっそんなに少ないんですか⁉︎」って驚いたと言う話を聞いた事がありますが、実際いくらで作ってたんでしょうね…?
●あの国、ほんと予算が潤沢でクオリティ高いから凄いんですよねぇ…
ただストーリーは残念なものが多いので、良質なクリエイターが安月給で働く日本とは真逆というか
労働に対価を払うというのもそうですけど、根本的に労働者を大切にしてほしいとずっと思ってます

投稿 日本と海外の創作物への対価の違い 「良質なクリエイターが安月給で働く日本とは真逆」チャンネル「てみた」 に最初に表示されました。

元の記事を見る

-動画一般, 学び・知識, 感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.