動画一般 学び・知識 感動・泣き

日本城タクシー坂本社長 橋下徹・吉村知事を痛烈批判「アホみたいな議論」

投稿日:

日本城タクシー坂本社長が今多くの国民の間で注目を集めています。

緊急事態宣言下の関西で、旋風を巻き起こしている人物がいる。大阪を拠点にタクシーや貸切りバス、旅行業などを手がける、日本城タクシーの坂本篤紀社長(56)だ。4月14日放送のBS―TBSの番組で橋下徹元大阪市長(51)と対峙し、橋下氏の主張を「アホみたいな議論」と一刀両断、ことごとく論破して喝采を浴びた。

・坂本氏
「吉村さんはトリックスターや。だって、何もしてないもん」
「彼は、他人の痛みがわかってない。最たるものが『EXPO2025』と書いてあるジャンパーを着て、『おばあちゃん、足痛いけど膝の手術こんな時期やから先延ばしにしてね』とか言うてること。これって説得力があるんやろか。

万博と書いてあるジャンパーを着ているのは、次の選挙対策のためでしょ。感染防止のことなんて考えていない。だいたい、テレビに出演することが対策ですか? 『全国に先駆けて』『全国で例がない』、このワードが好物なだけ。テレビに出演することではなく、対策をすることが大事なんや。
なにより、医療崩壊をなんとかせんと。いま交通事故に遭ったら、救急車2時間待ち。頭打ってたら間違いなく死ぬで。『イソジンがコロナに効くとか、めちゃくちゃなこと言うてたけど、彼はまったく反省もしていないし、改めようともしない。

僕が意見を言うのは、吉村さんや橋下さんは、失敗から学ばないから。僕は、悪口を言うたことはない。彼らがしてきたことを、そのまま言うてるだけなんや」

(略)

・坂本社長には、誰よりも許せない人物がいるという。それは、菅内閣肝煎りの成長戦略会議の中心メンバーである、竹中平蔵氏(70)だ。

「いま、日本は国難とも呼べる状態。そういうなかで、竹中氏および成長戦略会議の面々は、いちばん邪魔になってるんちゃうかな。

 彼の仲間のデービッド・アトキンソン氏は、『中小企業、半分になったらええねん』と言うてるけど、日本の会社の95%は中小企業。何千万人の失業者を出せば、気がすむんや。完全雇用で幸せだった日本の雇用制度を、竹中平蔵たちが破壊したんや」

寄せれていた「みんなの意見」

●政治家ども、聞いてるか?
泣けてくるわ
「社長に課せられた使命は、従業員とその家族の生活と健康を守ること。いかに喜んでいる社員をたくさん作れるかが、社長の楽しみやんか」
●日本城タクシーの坂本社長、ブレませんね。
こんな短いコメントなのに芯を感じました。
●今や吉村知事よりも日本城タクシーの社長さんが大阪の希望だ。

投稿 日本城タクシー坂本社長 橋下徹・吉村知事を痛烈批判「アホみたいな議論」チャンネル「てみた」 に最初に表示されました。

元の記事を見る

-動画一般, 学び・知識, 感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.