動画一般 学び・知識 感動・泣き

現場で戦う医師が「医師が付けた死因を覆すような事があってはいけない」

投稿日:

後藤礼司医師の発言

後藤礼司医師「最後に亡くなったのが全く違う理由であってもコロナが陽性だとカウント1になる。コロナの肺炎で亡くなった訳じゃないのにPCRが陽性だった。PCR陽性=感染者じゃない。ウイルスがいた事を発見する検査がPCR。物凄く不満。医師が付けた死因を覆すような事があってはいけない」

寄せられたコメント

●この先生は本当にまともな方。
●ということは「コロナ死者の8割は人工呼吸器すらつけてもらえない、医療崩壊〜」とか言ってる人は全然見当違いで、PCRが陽性だっただけで呼吸器系は問題なくガンで亡くなった人とかもいる訳ね。もちろん医療現場の逼迫はあるでしょうけど、8割呼吸器問題は間違ってる。
●ほんと勇気ある発言ですね。
地上波でやってくれないかなー。

投稿 現場で戦う医師が「医師が付けた死因を覆すような事があってはいけない」チャンネル「てみた」 に最初に表示されました。

元の記事を見る

-動画一般, 学び・知識, 感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.