動画一般 学び・知識 感動・泣き

小学生の時、千と千尋の神隠し観て疑問に思ったことを手紙に。ジブリからの返信が深い〜

投稿日:

Twitterに*のんたろす* (@0910noncha) さんが小学生のときに千と千尋の神隠しを観て疑問に思ったことを手紙でおくったらジブリから丁寧な返信がきた。
当時はわからなかったけど 今見たら深いとネットに公開。 たくさんの反響を集めています。

ジブリからの手紙を書き起こしました

お手紙読ませて頂きました。 ご質問についてお答えします。

(1)千尋のお父さんが食べている不思議な食べ物

特に明らかにされていないので、異界の不思議な、しかも“すごくおいしそうな”食べ物ということぐらいしか言えません。
鶏肉のようにも見えますが、お母さんが「骨まで柔 らかいよ」と言っているので、鶏だとしたらまるごと食べるのは無理です。 湯婆婆によると「お客様の食べ物」ということですから、神様たちと、彼らをもてなすこの世界の住人しかわからない生き物の料理なのでしょう。
しかし、千尋が「この町はおかしい」と気付いた頃、お父さんお母さんはすっかり豚になり言葉も失っているというのは、あまりにタイミングが良すぎる気がします。
「お客様の食べ物」であるだけではなく、「迷いこんだ人間を待ち受ける罠」と考えてもいいかも知れません。

(2) 豚になった千尋のお父さん

簡単に言うと、お父さんは料理を食べてすぐ豚になったのではなく、少しずつ本当の豚になっていったのです。
それは千尋が湯婆婆に名前を取られて、だんだんと元の名前を忘れてしまい、ハクに言われるまで思い出すことができなかったのと同じようにです。
『千と千尋の神隠し』は、異界を描いたものであると同時に、私たちが暮らしている現実の世界を描いたものです。
そして映画のテーマは、美少女でもなく、類稀な心の持ち主でもない、ヒョロヒョロの手足とぶちゃむくれの表情の、まさに等身大の現代っ子が、危機に直面して生きる力を獲得するというものでした。
宮崎監督によると、この映画には千尋と同じ年頃のすべての女の子に向けて、 「抜き差しならない関係の中で危機に直面した時、本人も気づかなかった適応力や忍耐力が湧き出し、果断な判断力や行動力を発揮する生命を、自分がかかえている事に。気づいてほしいという願いが込められています。
その千尋とは対照的に、お父さんとお母さんは神様とも魔物とも知れない住人たちの罠に陥ってしまいます。
千尋にとっては、宮崎監督の言葉によれば、 「10歳の少女が世の中というべき中へ投げ込まれ、修行し、友愛と献身を学び、智恵を発揮して生還する物語」であり、彼女は「侵食され、喰らい尽くされる」ことなく、「生きる力を獲得する」のですが、お父さんとお母さんにとってはその逆のこと、つまり「喰らい尽くされる」側になることを体験するのです。
一度豚になった人たちは、再び人に戻ることなく、身も心もどんどん豚になっていきます。これは何もファンタジーの世界だけの出来事ではありません。

宮崎監督によると、バブルの時に本当に豚そのものになっていた人がいて、今でも自分が豚になっていることに気がつかずに、不景気だ、エサが足りないと言い続けているのと同じだということです。
「千尋はそれでも、最後に湯婆婆の試しに挑戦し、「この豚の中に両親はいない」と言い当 てます。いったいどうしてでしょう。
千尋が特別な能力を身につけたから、両親を豚と見分けることができたのではありません。10歳の女の子が数々の危機をくぐり抜けて、「生きる力」を獲得したら、みんな自然とそれができるはず、というのが宮崎監督の答えです。
お話は難しかったでしょうか。 今後もスタジオジブリの作品をよろしくお願いします。

スタジオジブリ

投稿に寄せられたコメント

元の記事を見る

-動画一般, 学び・知識, 感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.