動画一般

「同じ日本語を使っているように思えない」折り合わないグローバリズムの格差問題 堀江貴文氏 vs 古舘伊知郎氏

投稿日:

21日放送の報道ステーションで堀江貴文氏と古舘伊知郎氏が、かつてのライブドア事件やグローバリズムの問題について議論しました。 グローバリズムにおける富の再分配、不平等感や貧困格差についても「格差が広がる」と主張する古舘氏に対し、堀江氏は「グローバリズムは格差拡大ではなく格差縮小」であることを説明し、真っ向反論しました。さらに、堀江氏はトマ・ピケティ著『21世紀の資本』は、貧困層に向けたマーケティングと語り、古舘氏との意見の食い違いに溝を作った。 VTR後のスタジオでは古舘氏がこの対談について「唯一、意見が合ったのが銀河は綺麗、この1点です」、「本当に同じ日本語を使ってるようには思えない」と語りました。 みなさんは二人の論点、グローバリズムの問題、どう考えますか? コメントで教えてくださいね。 関連動画:資本家と労働者の格差は拡大しているのか?ピケティから21世紀の資本主義を考える 池田 信夫氏、水野 和夫氏、広木 隆氏(2分ダイジェスト)

元の記事を見る

-動画一般

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.