動画一般

サイエンスアゴラ2014 キーノートセッション6:挑戦の社会化~なぜ社会はハイリスク研究を求めるのか?~

投稿日:

サイエンスアゴラ2014 キーノートセッション6:挑戦の社会化~なぜ社会はハイリスク研究を求めるのか?~ ハイリスク研究が遂行され、新しい科学技術の潮流が生み出されてきた歴史を振り返り、ハイリスク研究の推進が可能になる文化や環境を概観します。現在の日本がなぜハイリスク研究を求めるのか?どのような仕組みでハイリスク研究プログラムを実現させてきたのか?挑戦の精神が社会化されるための課題は何か?内閣府が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)を事例に話し合います。 登壇者: 久間和生 総合科学技術・イノベーション会議 議員 佐藤靖 科学技術振興機構 研究開発戦略センターフェロー 山川義徳 革新的研究開発戦略プログラム プログラム・マネージャー 高橋真理子 朝日新聞社 編集委員 寺田雅美 (株)フューチャーセッションズ 研究員 Science Agora 2014 Agora Keynote Session 6 Socialization of Challenge : Why should we aspire for ground-breaking research projects that have high risk and aim at high reward? In this session, we look back on a history of high risk research to get a bird'seye view of what environmental and cultural aspects have made high risk research development possible. Then, we will discuss why we should have high risk research projects in science, how Japanese society has made them possible up to now, and what the issues are in order to socialize the spirit of challenge. A fresh example from the ImPACT program led by CSTI / CAO will be provided. Presenter and Moderator : Kazuo Kyuma, Executive Member, Council for Science Technology and Innovation Yasushi Sato, Fellow, Japan Science and Technology Agency Yoshinori Yamakawa, Program Manager, ImPACT Program Mariko Takahashi, Senior Staff Writer, The Asahi Shimbun Masami Terada, Research Fellow, Future Sessions Inc.

元の記事を見る

-動画一般

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.