動画一般

Lamborghiniよりも速い、電気自動車Tesla Model S P85D

更新日:

エンジン音無しでこの速さは不思議な感じ。
 先日Tesla Motors,から公開され、車体の前後にデュアル・モーターを搭載したTesla Model S P85Dですが、一般にも納車が既に始まっているようで、この動画はLamborghini Aventadorとのプチドラッグレースを行っている動画になります。

 ちなみにこの2台の0-60 MPH(0-97km/h)の数値は公式で、Lamborghini Aventadorが2.9秒、Tesla Model S P85Dが3.2秒と若干Model S P85Dの方が遅いですがそれでもPorsche 911 Carrera(2014) は4秒以上かかりますし、Ferrari 458 Italiaでも3.0秒という事を考えると、Teslaの最速モデルはガソリンエンジン車の中でも最速級の速さになります。 

設計がもともと2シーターでスーパーカーになるように設計された車ならまだしも、5ドアのファミリー向けのセダンがこの運動性能というのは異次元のレベルといえます。

 結果としては、静止状態から250km/h辺りまではModel S P85Dが加速では優位のようです。これはギア変換がモーターなのでそもそも存在せず、静止状態から一気にフルトルクを出せるモーターゆえの挙動で、Model S P85Dの最高速度である250km/hまではこれまでのガソリン車では実現できなかった加速感を実現したといえます。AWDなので効率良くタイヤが地面を蹴ることができるというわけですね。 

エンジンの特性の振動もしない、爆音もしない、おまけに排気ガスもない、なのにガソリン車の最速クラスと同程度かそれ以上の性能だなんてなんだか不思議な乗り物ですね。 

同じTesla Model Sの違うモデルとの比較、Ferrari 458 Italiaとの比較した動画は下記にありますので、あわせてどうぞ。

 

 




 Source: Tesla Motors, YouTube

元の記事を見る

-動画一般

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.