動画一般 学び・知識 感動・泣き

虐待を受け死亡した5歳女児が書き遺した反省文 絶対こんなこと繰り返してはいけない

投稿日:

東京都目黒区で虐待を受けたとされる船戸結愛(ゆあ)ちゃん(5)が3月に死亡した事件は皆さんもご存じかと思います。
結愛ちゃんが両親に宛てて残した手紙を警視庁が公開。
内容がこちらになります。

 

ママとパパにいわれなくってもしっかりとじぶんからもっともっときょうよりかあしたはできるようにするから もうおねがい ゆるして ゆるしてください おねがいします

 ほんとうにおなじことはしません ゆるして きのうぜんぜんできてなかったこと これまでまいにちやってきたことをなおす これまでどんだけあほみたいにあそんだか あそぶってあほみたいだから やめるから もうぜったいぜったいやらないからね ぜったいやくそくします

どんな想いで暮らしていたのでしょう? まだ5歳の女の子が書いた手紙です。
私は思わず泣いてしまいました。
もう絶対こんなことが起きてはいけない。私はこの両親を許せないです。
戸結愛(ゆあ)ちゃんが残していたノートは亡くなる10日ほど前まで続いていて反省文のようなものがかなりあったということです。
何もしてあげることはできないけど 天国で幸せで穏やかな時間を過ごしてくれることを願うばかりです。

元の記事を見る

-動画一般, 学び・知識, 感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.