お笑い・ハプニング

やっぱり正直が一番!しょ〜もない嘘が招いたホラーな体験に腹筋壊れる

投稿日:

苦し紛れに出てしまう、しょ〜もない嘘。待ち合わせに遅刻してしまったとき、「途中で外国の人に道聞かれて、教えてたら電車1本逃した」なんて嘘をついた経験が筆者もあります。
でも嘘ってすぐにバレてしまうもの。同じようにしょ〜もない嘘をついて、痛い目を見てしまった漫画家の森下真さんのエピソードをご紹介します。

※タップ/クリックで拡大
CzTd38mUsAAT5qS
twitter.com@sinsimo

※タップ/クリックで拡大
CzTd6lnUkAAPH7P
twitter.com@sinsimo

※タップ/クリックで拡大
CzTd8doUsAAHi7d
twitter.com@sinsimo

※タップ/クリックで拡大
CzTd--FUkAANOQq
twitter.com@sinsimo

これは辛い。゚( ノ∀ヽ )。゚

お姉さん怖すぎです!ついポロっと出てしまった嘘で、恥ずかしい思いをしてしまった森下さん。その場の思いつきで、しょうもない嘘はつくもんじゃありませんね!

この教訓にはこんな反応が寄せられています。

正直に生きるのは勇気のいることですが、嘘をついて嫌な思いをするよりはマシなのかもしれません。

このエピソードを紹介してくれた森下さんは、少年ガンガンで漫画も連載しています。気になる人は要チェック♪
森下真さんのコミック情報はこちら

 

元の記事を見る

-お笑い・ハプニング
-, , , , , , , ,

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.