子供が自分の知らないところで学んできた歌の歌詞や手遊びの動きが間違っていた時、なんだかとってもほっこりした気持ちになりませんか?

インスタグラムで活躍されるミワカモさんは先日「おやくそく」というタイトルの漫画を公開しました。

あらすじ

ある日、娘ちゃんのスプーンの持ち方を指摘したミワカモさん。すると娘ちゃんは「ママ怒りすぎ!怒らないで!」とご立腹の様子で…。

娘ちゃん「怒らないで!!」 提供:ミワカモさん

「怒らないって約束だよ!」とゆびきりげんまんを仕掛けてきた娘ちゃんでしたが、手の形がちょっと変だったんです…。

娘ちゃん「怒らないって約束だよ」 提供:ミワカモさん

娘ちゃんの面白い間違いについてを綴ったこの漫画。当時の心境や、そのほかの面白間違いについて投稿者のミワカモ(@miwakamo_)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――小指ではなく、親指を差し出してきた娘ちゃん。それを見てどんな気持ちになりましたか?

ミワカモさん:元気のいいゆびきりげんまんだなぁとちょっと笑ってしまいました。

――漫画の件以外で娘ちゃんに対して「ちょっと違う」と思った経験はございますか?

ミワカモさん:娘は肉まんのことをニンニクと言ったり、将来は赤ちゃんになりたいと言ったりしています(笑)その都度訂正や説明をしていますが、個性的な勘違いで聞いてて楽しいです。

――育児をしていて特に「大変だなぁ」と思うことはなんですか?

ミワカモさん:こどもにいろんな現実を教えていくことでその子の発想力の幅を狭めていないかなと心配になることはあります。教えるって難しいですね。

 

見慣れない手の形で、ママを混乱させた娘ちゃん。子供が見せる間違いって、どうしてこうもほっこりしてしまうのでしょうね…。

作品提供・取材協力:ミワカモ
ブログ:ミワカモのそれありかも