「見知らぬ人に家に侵入されてしまった」なんていうニュースが絶えない昨今。悲しい事件が起きてしまわぬよう、防犯に対しての意識をたやさずに過ごしていくことを心がけたいですね。

インスタグラムで活躍される忍者ママさんは先日「庭に不法侵入された話」というタイトルの漫画を公開しました。

あらすじ

3年ほど前のある日のお話。次男くんと買い物に出ようとした忍者ママさんは、高校生くらいの男の子が庭を駆け回っているのを発見します。

謎の少年。提供:忍者ママさん

なぜそんなことをしたのかを聞くために、少年を追いかけた忍者ママさん。しかし、少年は何一つ話そうとせず…。

何も答えない少年。提供:忍者ママさん

謎の少年とのトラブルを描いたこの漫画。当時の心境や、作品の反響について投稿者の忍者ママ(@mother_ninja_)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――いつから、どのようなことがきっかけでインスタで漫画を書き始めたのでしょうか?

忍者ママさん:大学生の長男から誘われて、漫画を描き始めました。構成が長男、作画が私はといった感じで2人で協力しながら描いています。詳しくは、そのいきさつも漫画で描いています。

――男の子の目的はなんだったと推測しますか?

忍者ママさん:未だによくわからないです。

――警察官に「これは事件と関係がありますか?」と聞かれた時、どういった気持ちになりましたか?

忍者ママさん:とても恥ずかしくて、常日頃の掃除の大切さを思い知りました。

――この漫画の反響には、どういった声がありましたか?

忍者ママさん:汚部屋に人を入れることになった事について、少年の罪は重いと、笑ってもらえました。

 

少年のおかげで、警察官の前で辱めを受けることになってしまった忍者ママさん。少年の目的は、いったい何だったのでしょうか…。

作品提供・取材協力:忍者ママ