子供に対して大人が投げかけた発言は、その子の中でずっと残っているもの。注意したは良いものの、その後自分も同じような行動をとってしまってカウンターを食らった…なんてことは、育児のあるあるではないでしょうか?

インスタグラムで活躍されるはる華さんは先日、子供たちとのお買い物での一幕を描いた漫画を公開しました。

あらすじ

ある日、外出先にてとっても可愛い鍋つかみを見つけたはる華さん。子供達の前で「これかわいいー!買おー!」と即決した様子を見せてしまい…。

はる華さん「これかわいいー!買おー!」 提供:はる華さん

その時、後ろから意味深な眼差しを向けられることになったのだとか…。

じーっと見つめる子供たち。提供:はる華さん

子供達とお買い物をする難しさについて描いたこの漫画。当時の様子や、読者の反応について投稿者のはる華(@happy_haruk)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――子供たちの「じー…」という眼差しは、どんなことを訴えているように感じましたか?

はる華さん:(いつも言っていることと、やっていることが違うよね…?)という、無言の圧のようなものを感じました。

――「欲しいと思ったらすぐ買う派」と「しばらく考えてから買う派」——暫定でどちらの方がより得をすると思いますか?

はる華さん:その時欲しいものは、その時は欲しくても、1週間後には興味がなくなった経験もあるので、どちらかと言えば「しばらく考えてから買う派」の方が無駄がなくて得をする気がします…。

――フォロワーさんの反応には、どういったものがありましたか?

はる華さん:やはり、皆さんもお買い物の購入タイミングは難しいと考えている方が多いようです。「難しいよね」という声が多かったです。また、「お土産の場合は迷わず買う」という方もいらっしゃり、お買い物の参考になりました!

 

咄嗟の物欲によって、危うく母としての信頼を欠きそうになったはる華さん。子供達の前できままにお買い物をするのは、かなり難しいことのようです…。

作品提供・取材協力:はる華