ゲームやアニメ、映画、漫画、小説と、様々な創作作品の中に登場するエルフ。美しい見た目に長い耳というビジュアルで気高く賢い種族として描かれることが多く、ファンタジー作品に登場するキャラクターの中でも人気がありますよね。

過去のご紹介記事はコチラ↓
【やべぇ!本物の客だ!】限界社畜が廃墟で「喫茶店ごっこ」を始めたら…

さて、漫画家・きょうさるさんの『地球を浄化しに来たエルフ』では、人間にとってかなり物騒な目的を果たそうとするエルフが登場します。

人間にとっては勝機が薄いこの戦い。果たして勝利を手にするのはどちらなのか!?


twitter.com@kyouen2

twitter.com@kyouen2


即落ちwww

「堕落した地球を救うためには浄化しかない…」恐らくこのような理由で、人間界にやってきたはずのエルフでしたが、最初に出会った人間がダメだった(笑)!わずか1ヵ月でエルフを堕落させられるなんて、堕落のプロに違いない!

後からまた人間界を浄化しようとエルフがやって来たら、この堕落した世界を守るために立ち上がる堕落エルフの姿が目に浮かびます。

たった1ヵ月ですっかりお腹周りが別人のようになったエルフの姿は、読者の間で大人気となり、「笑った」、「好き」というコメントが多数寄せられました。

・見てて気持ちいい程の堕落っぷりだなwww

・ポンコツになっちゃったエルフさん可愛い

・この世が堕落させるアイテムで溢れててよかった…?


きょうさるさんのTwitterには、今回ご紹介したようなクスっと笑えるオチのオリジナル漫画や二次作品が投稿されているので、気になる方はフォローしてみては?

また、発売中のコミックス『いてたまるか。』もおすすめなので、こちらも併せてチェックしてみてくださいね!

Twitter:きょうさる(@kyouen2)
pixiv:きょうさる
書籍:いてたまるか。
福沢諭貴子の奇妙なグルメ(原作:きょうさる/作画:TADD