社会に出るのと同時に増え始める、お酒のコミュニケーション。お酒が苦手な人にとっては、少々気を遣う場面ですよね。インスタグラムで活躍されるB.B軍曹さんは先日「上手なお酒の断り方」というタイトルの漫画を公開しました。

あらすじ

ある日、お酒が弱い知人から「飲めないというとノリが悪いと言われてしまうから、お酒を断れない」という旨の相談を受けたB.B軍曹さん。

知人からの相談。提供:B.B軍曹さん

B.B軍曹さんの旦那(髭)さんもお酒が弱いということでどうやって断っているのかを聞いてみたところ、とってもスマートな方法が聞けたのだとか…。

旦那さんに相談。提供:B.B軍曹さん

旦那さんの素晴らしい対応についてを綴ったこの漫画。お酒に対する世の中の風潮や、読者の反応について投稿者のB.B軍曹(@b.bgunso)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――旦那さんの「お酒の回避方法」を聞いて、どんな感想を抱きましたか?

B.B軍曹さん:純粋にエッジが効いてて面白いなと思いました。また夫らしいなとも感じました。

――現在まで残る「お酒を飲まない人はノリが悪い」という風潮について、どんな意見をお持ちですか?

B.B軍曹さん:お酒に関しては体質的に飲めない方も多いです。その上で悪しき風習によりお酒を無理強いしたり、その誘いを断ることでノリが悪いと揶揄したりするのかもしれませんが場合によっては命に関わる重大な問題となることだってあります。

お酒の付き合い方は一人一人異なります。それは人の個性が十人十色であるように体質も人それぞれ異なるから。だからこそお酒を強要する行為は決してあってはならないことです。また、周りにお酒を飲むことを強要する人がいれば、見ず知らずのフリをせず自らが注意して止めてあげることも必要かと思います。

お酒を飲む人も飲まない人も、みんなが楽しめる社会であってほしいですね。

――この漫画を読んだフォロワーさんの反応にはどういったものがありましたか?

B.B軍曹さん:フォロワーさんの声としましては、飲めない方からの「同じような方法を使ってみたい」や「自分も同じように言ってかわしている」などの共感の声をたくさんお見受けいたしました。世間は忘年会シーズン。少しでも多くの同じような悩みを持つ方にこの話が届けばいいなと思います。

 

年末年始に向けて増えるお酒の場。飲めない時はキッパリ断るのが良いですが、どうしても難しいという場合はB.B軍曹さんの旦那さんの方法を借りてみてはいかがでしょうか?

作品提供・取材協力:B.B軍曹
ブログ:CALL OF GUNSO