お久しぶりです。ともちょるです。
突然ですが、皆さんのご当地グルメってなんですか?

となぜ、こんなことを急に聞いたかというと、とある日に会社内で「うちの会社には、それぞれ地方出身の人がいるからみんなでご当地グルメ対決とかしたら面白そうだよね」と話の話題になったからです。

たしかに!!!!!!!!

ということで今回は、ご当地グルメ対決をしたいと思います!

ご当地の料理あんなものやこんなもの

まずはこの方、お願いをしたら全力で逆立ちでも腕立て伏せでもなんでもやってくれそうな「けーご」。



ーーーすいません、出身ってどちらですか?


「福島です。」

ーーー福島のご当地グルメってなにかありますか?



「芋煮とかわっぱ飯とかですかね?」

ーーーなにか福島グルメ作れますか?そして、料理対決に参加してくれますか?



「はい!お任せください!」




この満面の笑みだけに楽しみになってきた!

続いては、この方!いつも食べ物の話ばかりしている通称食いしん坊キャラ「お塩」。



ーーーあの~、お塩さんって千葉出身でしたよね?

「はい!そうですけど、どうしました?」

千葉のご当地グルメで何か作れないでしょうか?

「千葉ね~あんまりご当地グルメっていうものがないんですよね!
でも、北海道のご当地グルメなら作れますよ!」

ーーーえっ!なぜ北海道?

「北海道は、母の出身で年に2回は帰っていてその時に教わりました!」

ーーーへぇ~すごい!じゃ北海道のご当地グルメってやっぱり海鮮系ですか?

「そうですね!でも、スープカレーとかも美味しいんですよ!」

ーーーなるほど!では、北海道のご当地グルメで参加お願いします!

「喜んで!参加しますよ!」


これで東日本は決定!そして西日本といえば・・・

やっぱりこの方!社内の九州男児「てんし」!演技派でいつも記事に出る時には個性的な演技力を見せてくれるんです。



ーーーてんしさん!確か九州男児でしたよね?


「はい!熊本の九州男児です!」


ーーー熊本のご当地グルメ作れます!


「はい!作れますよ!」


ーーーでは、ご当地グルメ対決に参加してもらえないでしょうか?


「いいですよ~じゃ、あえて自分は創作熊本料理で2300年くらいに流行ってそうな熊本料理作りますね。」


えっ!それ大丈夫なやつです?まぁいいや!参加お願いしますね~。

そして最後沖縄出身の私はやっぱり沖縄そばやゴーヤーチャンプルーと思う方も多いはず!しかし!それでは、面白くないので今回は、沖縄県民がよく食べている「なーべーらー(へちま)」で挑戦してみたいと思います。

ご当地料理対決!色んな地方のグルメでてこぃや!!

北海道 「お塩」

お塩さんは、旬のサーモンと北海道産のじゃがいもを使ったご当地グルメだそうです!



福島 「けーご」



一生懸命何かを混ぜ込んでいる様子・・・何ができるのか楽しみですね。

熊本 「てんし」




↑この様子大丈夫そ?(怪しすぎる・・・)2300年の熊本料理とは一体なにが出来上がるのか、そして食べることができるのか。皆さんも想像してみてください。

沖縄「ともちょる」


へちまの調理方法は、皮をむいて輪切りにします!見た目の色は緑色ですが、中身は白いんですよね!
ちなみにへちまの食感はなすの感覚に似ているんですよ。

味はいかに!?美味しいご当地グルメはどこなのか?

そして待ちに待ったご当地グルメがそろいました!



茶色がおおいんじゃ!


でも、なぜかおいしいものに限って見た目が茶色いんですよね!

それぞれ準備してもらった料理を紹介します。



北海道代表は、北海道のおやつの「いももち」と甘味噌で味付けた「ちゃんちゃん焼き」の2品。

福島代表は、牛乳・生クリーム・コーンスターチ・練乳・砂糖を使用したクリームボックスです。なぜかこの中で一番映えている気がする・・・



熊本代表は、物体不明なものがでてきました。「タイピーエン」という熊本のご当地料理の2000年後を表したらしい・・・白いのは、プロテインで色んな問題を解決してくれるんだとか。
心配でしかないぞ!

沖縄代表は、へちまの味噌にからへちまの味噌汁やジューシー、コンビーフハッシュの炒め物など4品が揃っています。

それでは、審査員の方々に食べていただきましょう!



今回は、食にまったく興味がなくいつも味が薄いとタバスコや醬油を問答無用にかける男(サイトー)と、社内の中でオーガニック食品しか食べないイメージや食に対してこだわりがあるとされている(yさん)の2人に審査員をやってもらいます。

では、早速北海道代表のお塩さんの料理から頂いてください。



サイトー「いももちは口の中の水分がもっていかれますね。まずくはないけど、味が薄いですね。」
審査員は割と辛口でした。



Yさん「このちゃんちゃん焼きは、野菜が多くていいバランスですね!この味って甘味噌?ですか。美味しいです!」

次は福島代表のけーごのクリームボックス。



サイトー「見た目からしてめっちゃボリューム感ありますね!甘くないと思って食べたけど、実は私甘いのめっちゃ苦手なんですよね。」



Yさん「え、美味しいじゃないですか!これいいおやつですね!この材料ってなんですか?知りたいです!」

次は、沖縄代表ともちょるの沖縄グルメ4品。



サイトー「これ炊き込みご飯ですかね?一度は食べたことがある味がしますね。」

Yさん「うん!美味しいです!懐かしい味ですね。」



サイトー「へちまは、初めて食べましたが、ピーマンっていわれたら食べれる。そうじゃなきゃちょっと怖い。」

Yさん「ちょっと筋の堅いナスみたいですね!」


Yさん「炒め物?これは安定に美味しいですね!なんかお弁当の端っこにあるお惣菜の味がしますね。」



サイトー「これ、カレーですか?スープの味が味噌でも醤油でもない味だけど美味しい!」

次は、一番味の心配な熊本代表てんしの2000年後の熊本料理。



サイトー「見た目はフランス料理だけどしょっぱいし、にんにく臭いしこれはやばいです。」

2000年後のタイピーエンに耐え切れず退席したサイトー。

そして、審査員の方には全てを試食してもらいました。果たしてどの料理が一番美味しかったのでしょうか!

美味しいのはどこだ!4都道府県の

果たして美味しかった4都道府県ご当地グルメの結果発表は



ドドドドドドドドド・ド・ドン




けーごのクリームボックスです!

たしかに映えには勝てないですよね・・・。
とは言っても、見た目だけではなく味も美味しく高評価でした。

ということで、福島のクリームボックスが優勝でした!皆さんは気になるご当地グルメはありましたか?
今回は、4都道府県のご当地グルメを実際に作って紹介しましたが、その他にもあまり知られていないご当地グルメがまだまだ隠れているかもしれませんね。

皆さんもぜひ友達や会社の方々などとご当地グルメ対決を開催してみてくださいね。

次回は、優勝できるように再チャレンジするぞ!!!