昭和・平成生まれの人には少し刺激が強すぎるかもしれません。令和を生きる若者たちに話を聞いてみると、とんでもないジェネレーションギャップが待ってました…。

1.


2.


3.


4.

5.


6.


7.