育児に対する意識を同レベルで共有し、足並みを揃えること——子育てを初めて経験する夫婦にとって、かなり困難な壁ですよね。インスタグラムで活躍されるHYPかなこさんは先日「育児不参加型だった旦那さん」に関する漫画を公開されました。

あらすじ

今でこそ子育てや家事を進んでこなしてくれる旦那さん。しかし、息子くんが赤ちゃんだった頃は典型的な「育児不参加型のパパ」だったようで…。

旦那さん「オレわかんないよ」 提供:HYPかなこさん

息子くんのお風呂を頼んだところ「オレわかんないよ」と否定的な態度を示してきた旦那さん。そんな様子を見て半ばヤケになったHYPかなこさんは、ある行動に出るのでした…。

HYPかなこさん「やり方がわかればやってくれるんだね?」 提供:HYPかなこさん

旦那さんの変化に関してを綴ったこの漫画。当時の状況や産後クライシスの乗り越え方についてを、投稿者のHYPかなこ(@hyp_kanako)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――この漫画を描いたきっかけはなんでしたか?

HYPかなこさん:赤ちゃん当時意地になって行動していたことは無駄じゃなかったんだよなぁと思い、今困っている方にそれを伝えたかったためです。

――旦那さんから「あ〜いうの助かったわ」と言われた時、どんな気持ちになりましたか?

HYPかなこさん:とてもビックリしました!半ば「これで文句は言わせない!」と当てつけでとことん丁寧に書いたのに、まさか感謝されるとは…。

――産後クライシスを乗り越えるために特に大事なことはなんだと思いますか?

HYPかなこさん:お互いが歩み寄れたら最高なんですけど、そんな余裕ない方がほとんどだと思うので(笑)まずは溜めてる気持ちをお互いがぶつけ合うことかなと思います。話さなきゃ伝わらないので!

――最後に、この漫画をどういった方へ届けたいですか?

HYPかなこさん:小さな子を育児している方、特にパートナーが協力してくれない、伝えても無駄と思って諦め気味の方に伝えたいです。

 

子育てという怒涛の経験を通して、お互いの理解を深めた二人。パートナーの態度に不満があるという方は、まず思いをぶつけてみてはいかがでしょうか?二人で葛藤した経験が、今後の生活を今よりも楽にするかもしれません。

作品提供・取材協力:HYPかなこ