まだまだ油断ならないのはもちろんですが、少しずつ行事やイベントが再開しつつある昨今。久しぶりに学校行事に参加した親御さんたちからは、驚きの声が殺到しているようです。インスタグラムで活躍されるラム*カナさんは先日「2年ぶりの学校行事でびっくりした話」を漫画にして公開されました。

あらすじ

先日、小学六年生の長男くんの親子奉仕作業に参加してきたというラム*カナさん。ずらっと並ぶ親子を見て、あることに心の底から驚いたのだとか…。

久しぶりの行事。提供:ラム*カナさん

久しぶりの学校行事についてを描いたこの漫画には「私も二度見しました」「大きくなるんですね…」などのコメントが寄せられました。

インタビュー

投稿者のラム*カナ(@ramukana1234)さんにお話を伺いました。

――この漫画を描かれたきっかけはなんでしたか?

ラム*カナさん:コロナ禍で学校生活もガラリと変わり、自分の子以外の様子を見る機会が減って寂しかったので、久しぶりに集まれた嬉しさを記事にしたいと思いました。

――見ない間に大きな成長を遂げた子供たちを見て、どういった気持ちになりましたか?

ラム*カナさん:特にグンと変わる時期に会えていなかったので、顔つきや背丈の変化が予想以上で、本当に「どっちが親かな」状態でした。

――同級生のお母様たちとの久しぶりの再会。子供の成長の話のほかにはどんなことが話題になりましたか?

ラム*カナさん:仲良しのママとも会うのを控えていたこともあり、お互いの推しの話で盛り上がったりしました(笑)

――この漫画の反響には、どういった声がありましたか?

ラム*カナさん:やっぱり同じように子どもの同級生と会えなかった親御さんが多かったので、似た経験をしたというコメントや、こういう学校行事のありがたさを感じるコメントをいただきました。

 

コロナというワードが世間に浸透し始めてから、もうすぐ2年…。その間にも子供たちは、すくすくと成長を遂げていたようです。

作品提供・取材協力:ラム*カナ
ブログ:カラフル牧場