なにごとも、日々鍛錬や練習を積み重ねていけば少しづつ上達していくもの。しかし、時には自分の限界を感じ、一人ではどうしようもできないと思い悩むこともあるでしょう。

過去のご紹介記事はコチラ↓
【10月10日は銭湯の日!】会社の怖めの先輩と「裸の付き合い」してみた結果…
「魔女を翻弄し続けた男の子」の人生最後の願いにワロタwww
「男の子に翻弄されまくりな魔女」、最後にはついに陥落…?

今回ご紹介する三簾真也さんの作品『求めよ、さらば与えられん』は、そんな限界を感じた主人公のお話。

思い切って助けを求めてみると、意外なところから救いの手が差し伸べられるかも…?

早速本編を楽しみたい方はコチラ!↓↓↓

あらすじ


twitter.com@igoshowgi

神絵師を目指して日々机に向かう主人公。しかしなかなか上達せず、思わず「力がほしい」と泣き言を口にしてしまいます。


twitter.com@igoshowgi

すると、どこからか「力が欲しければくれてやる」と声が聞こえてきます。主人公が「まさか神様!?」と声をあげるとどうでしょう、突然主人公の体がムキムキに…!

物理的な力ではなく画力が欲しかった彼は「そっちじゃない…」と泣きながら、手に入れた腕力で思わずペンを握り潰します。


twitter.com@igoshowgi

せっかく神様が願いを叶えてくれたのに、本来ほしかったものとは違うものが手に入ってしまった主人公。その結果を「オレの頭足らずめ!」と責め立てていると、再び「頭がほしいか…」と声が響きます。


twitter.com@igoshowgi

二度目の神様からギフトで主人公は自分の目指す神絵師に近づくことができるのでしょうか、本編には主人公をムキムキにした張本人である神様も登場するので、ぜひ続きをチェックしていってくださいね!

ほっこり心温まる温泉漫画『お湯でほころぶ雪芽先輩』も好評連載中!

今回ご紹介した作品の作者三簾真也さんは、現在Webコミック・COMICメテオにて『お湯でほころぶ雪芽先輩』を連載中!

体だけではなく心まで温まる湯どころストーリーが人気で、巻末には実際に営業しているお店の情報も載っているので、温泉・銭湯好きの人はぜひ読んでみてくださいね!

また、三簾真也さんのTwitterでは、今回ご紹介した作品のような4〜8ページのショート漫画読み切り作品が投稿されているので、こちらもフォローをお忘れずに!


Twitter:三簾真也(@igoshowgi)
連載作品:お湯でほころぶ雪芽先輩第2巻まで発売中
書籍:水女神は今日も恋をするか? (全3巻)