机の上に落ちたもの、床に落ちてしまったものであっても、進んで口に放り込む子供。彼らの行動は、どのような思考から生まれているのでしょうか?インスタグラムで活躍されるのまさんは先日「息子くんの拾い食い」に関する漫画を公開されました。

あらすじ

自分で落としたものを、ご飯の時間が終わってから食べるという息子くん。ある日、のまさんはなぜこんなことをするのかと考察してみたのだとか。

拾い食いをする息子くん。提供:のまさん

すると、子供と大人の意外な共通点を発見したのでした…。

のまさん「わからなくもないような…」 提供:のまさん

拾い食いに関する考察を描いたこの漫画には「わかる…わかりすぎる」「うちも同じです」などのコメントが寄せられました。

インタビュー

投稿者ののま(@noma_nishi)さんにお話を伺いました。

――いつから、どのようなことがきっかけでインスタで漫画を書き始めたのでしょうか?

のまさん:2021年3月末からインスタで漫画(その頃はイラストだけでしたが…)を描き始めました。最初は、子育てに関する情報を集めようと思って始めたインスタでしたが、たまたま流れてきた投稿で子育て絵日記の存在を知りました。絵を描くのが好きだったので、私も息子と過ごす日々を描き留めておきたいと思い漫画を描き始めました。

――食事以外の時間に食べ物を食べるとき、なぜ普段よりも美味しく感じるのだと思いますか?

のまさん:食事以外の時間につい食べ物を食べてしまうということは、自分が強く「食べたい!」と思ってる時だと思うので「食べたい」気持ちが一番強い時に食べる食べ物は、それはもう美味しいんじゃないかなと思います…!

――旦那さんの反論を聞いた時、どういった気持ちになりましたか?

のまさん:たしかにそうかもしれないな〜と思いました。その時期は色々家の中にあるおもちゃも手当たり次第口に入れていたので。赤ちゃんてやっぱりそういうものかな、と。

でも、私の考えも一理あるのでは?笑 とも思いました。
息子が生まれてからは、初めてのことばかりだったので、息子のことについて見て夫とああだ、こうだ考えて話す時間はわりと面白いなと思います。息子の行動の真意は結局分からないので、ひたすら二人で想像するだけなんですが…。

――この漫画の反響には、どういった声がありましたか?

のまさん:私たちの考えがどうかというより、「うちも食事の後に拾い食いしてる!」とか「うちは全く食事が進まない…」という、うちはこうだよ!というコメントをたくさんいただきました。

 

子供の拾い食いを、とっても面白い視点から考察したのまさん。この考察の通りの行動なのだとしたら、子供も大人も食べ物に対する意識に大差はないのかも知れませんね。

作品提供・取材協力:のま