親の知らないところで、いつの間にか大きな成長を遂げている子供。「まだまだ子供」なんて思っていたらある日突然びっくりさせられるなんてことは、親であればしばしばですよね。インスタグラムで活躍されるまめねこさんは先日「紙飛行機の思い出」というタイトルの漫画を公開されました。

あらすじ

折り紙が好きではあったものの、自分一人でなかなか完成させることができなかった息子くん。折り紙をするときは途中で「ママが折って」とお手伝いを求めてくることが多かったのだとか…。

息子くん「ママが折って!」 提供:まめねこさん

ある日、とてもよく飛ぶ紙飛行機の動画を見つけた息子くんはまめねこさんに「僕も折ってみる」と告げます。何度も失敗し、泣きながら頑張る息子くんに「手伝おうか?」と声をかけたまめねこさんでしたが…。

まめねこさん「手伝おうか?」 提供:まめねこさん

子供の素晴らしい成長を描いたこの漫画には「泣きました…」「子供って自分で成長する力を持っているんですよね」などのコメントが寄せられました。

インタビュー

投稿者のまめねこ(@ma.me.ne.ko)さんにお話を伺いました。

――いつから、どのようなことがきっかけでインスタで漫画を書き始めたのでしょうか?

まめねこさん:2020年3月からInstagramを始めました。なので1年と8か月になります。田舎に引っ越して数年。子育ての悩みが色々と出てきた時期に、相談できる人が周囲に一人もおらず…。最初は子育ての悩みを吐き出したい、誰かに聞いてもらいたいという気持ちでInstagramを始めました。

漫画にしたのは、文章で説明するのが苦手な私ですが、漫画だったら絵で補えるので伝えられるかなと考えた結果です笑。

――息子くんが折り紙を覚えた理由を知った時、どういった気持ちになりましたか?

まめねこさん:自分のためじゃなくて、「誰かのための努力」ができるようになったのかとすごく嬉しく思いました。いつまでも子供だと思っていたけれど、ちゃんと成長していたんだなぁと。嬉しさの中にほんのり寂しさも感じたりしました。

――息子くんには、どんな人になってもらいたいですか?

まめねこさん:幸せを感じられる大人になってほしいと思います。「足るを知る」というか。日常の中の些細なところに幸せを見つけられる人になってくれたらと。その幸せを周りの人にも伝えられたらもっといいなと思います。それができるのならどんな生き方でも応援したいです。

――最後に、この漫画の反響には、どういった声がありましたか?

まめねこさん:同じくお子さんを持つ親御さんから、息子の成長を喜んでくれる声をたくさん頂きました。リアルでは息子のこうした成長を話せる人はいませんが(汗)、Instagramでは同じように子育てを頑張ってる方にこうした話を伝えられたり「ウチはこうだったよー」とコメントで情報交換してもらえたり。本当にありがたいなと思っています。

 

自分のためでなく、人のために頑張ることを、いつの間にか覚えていた息子くん。素敵な理由とひたむきな頑張りに、心の底から感動させられるお話でした。

作品提供・取材協力:まめねこ@田舎で子育て、ときどき知育