家庭ごとに個性が色濃く反映されるお弁当。他の人のお弁当を見ていると味の好みや、家庭の状況がうかがえてとっても楽しいですよね。インスタグラムで活躍されるあじの開きさんは先日「お弁当の食べ方」に関する漫画を公開されました。

あらすじ

同棲を始めた頃から十数年間、旦那さんにお弁当を作って持たせてあげているというあじの開きさん。先日、旦那さんから「ふりかけのかけ方」に関して注文があったそうで…。

お弁当を作り続けて十数年。提供:あじの開きさん

新しいふりかけのかけ方を実践してある程度の期間がたったある日、旦那さんから「なぜふりかけを左側にかけるのか?」との質問を受けたあじの開きさん。その質問から、衝撃の事実が発覚しました…。

旦那さん「なんで左側にかけるの?」 提供:あじの開きさん

特殊なお弁当の食べ方についてを描いたこの漫画には「朝から笑いました」「私もこの食べ方です」などのコメントが寄せられました。

インタビュー

投稿者のあじの開き(@ajinohirakinohaha)さんにお話を伺いました。

――世間の人のお弁当の食べ方を知って、どのような気持ちになりましたか?

あじの開きさん:自分は少数派なのか?それとも私だけ?!恥ずかしいのかな?!でも直すメリットは感じられないから直さないかもしれない笑、と思ってしまいました笑

――なぜ、あじの開きさんはこのお弁当の食べ方に落ち着いたのだと思いますか?

あじの開きさん:中学生の時、両親と自分の弁当を作っていたのですが、冷ますために先に母がご飯だけ入れてくれていました。その後私がおかずを入れるのですが、そのご飯だけ入った弁当箱の向きが縦に置かれていて。恐らく、それに見慣れて、それが普通だと思ってしまったのだと思います。

――このお弁当の食べ方で苦労したことはありますか?

あじの開きさん:膝に乗せて食べようとすると傾く…くらいでしょうか笑 手で持つか、横にすればいいんだな、と改めて思ってしまいました。

――フォロワーさんの反響には、どのような意見がありましたか?

あじの開きさん:皆さん自分の向きが普通だと思ってる方が多く、横派の方はいやいやおかしいでしょ縦は…笑、という反応だったり、縦派の方はえ?違うの?という反応でした。皆さん思い思いの理由あっての向きや、弁当箱の好みがあって、子どもの時と違い、人の弁当を見る機会も減ってるのだなぁ、と感じました。

 

ひょんなことから、とっても面白い夫婦の違いを見出したあじの開きさんご夫婦。パートナーのちょっと変わった個性を見つけると、なんだか楽しい気持ちになるものですよね。

作品提供・取材協力:あじの開き