どの職場にも一人や二人はいる「クセモノ同僚」の話を集めました。深掘りすれば深掘りするほど味が出そうな仕事仲間、きっと只者じゃない…。

1.


2.


3.


4.

5.


6.


7.