方言の話や食の話などなど、色とりどりの文化を持つ「地域」に関するお話は、いつの時も興味が尽きないものですよね。東京都から岡山県へ引っ越し、岡山県での生活や文化についてを発信しているゆめ子さんは先日「岡山県で衝撃を受けたこと」を漫画にして公開されました。

あらすじ

ある日、テレビのCMで「ミニストップでハロハロ(かき氷のデザート)が販売されている」ということを知ったゆめ子さん。好物だったため、早速買いに行くことを決めたのですが…。

即決。提供:ゆめ子さん

「そういえば岡山でミニストップを見かけたことがないな…」と嫌な予感と共にネット検索をしたゆめ子さん。「岡山県にはミニストップがない」という衝撃の事実を知ります。CMは流れるのに店舗がないという特異な状況に、驚きを隠せないゆめ子さんなのでした…。

衝撃の真実。提供:ゆめ子さん

岡山のちょっぴり悲しい事実に関してを綴ったこの漫画。投稿者のゆめ子(@yosomono_yumeko)さんにいくつかお話を伺いました。

インタビュー

――今回の漫画を描かれたきっかけについて教えてください。

ゆめ子さん:岡山に引っ越して驚いたことのひとつとして、強く印象に残っていたので漫画にしました。早く岡山にもミニストップができるといいなと思います。

――他にも岡山に引っ越して困った経験はありますか?

ゆめ子さん:漫画でも取り上げたことがあるのですが、岡山の用水路には悩まされました。何度か落ちそうになり、ヒヤヒヤした経験があります。

――転勤族は色々と大変なこともあるかと思いますが、転勤族でよかったと感じる点はありますか?

ゆめ子さん:食べ物や言葉など、地域によって異なる文化に触れられる点はよかったです。馴染みのない環境に身を置くことで、見えてくるものは多いと思います。

――最後に、今後どのような活動をしていきたいですか?

ゆめ子さん:具体的なことは模索中ですが、漫画を通して何か人の役に立てたらなと思っています。ブログもやっているので、まずは楽しんで読んでいただけたら嬉しいです。

 

商品のCMは流れるけれど、買える場所がないという悲しい状況にある岡山県…ミニストップの岡山進出が待ち遠しいですね。

作品提供・取材協力:よそもののゆめ子
ブログ:転妻ゆめ子のよそものぐらし