好奇心が強く、判断能力が十分に備わっていない子供。時に大人では考えられないような危険な行動をとってしまうものですよね。インスタグラムで活躍されるちゅぶ みりんさんは、先日とてもヒヤッとさせられる事件に遭遇したのだとか…。

あらすじ

ある日、親子で平和な休日を満喫していたちゅぶ みりんさん。唐突に娘ちゃんから「鼻の中にビーズが入っちゃった」と知らされます。

ビーズが入った。提供:ちゅぶ みりんさん

穏やかじゃない報告に焦りながらさまざまなアプローチからビーズを取ろうとするも、なかなか思うように行かず…。

なかなかとれない。提供:ちゅぶ みりんさん

最終的に何とかビーズを取り出すことができたちゅぶ みりんさん。娘ちゃんの楽観的な姿を見て思わず顔がゴルゴになってしまったのだとか…。

入るかなって思ったの。提供:ちゅぶ みりんさん

子供のヒヤッとする行動を描いたこの漫画には「私も小さい頃同じことをしました」「自分は保育園の頃どんぐりが取れなくなって病院へ行った」など、同様の経験を持つ方々からのコメントが相次ぎました。

インタビュー

投稿者のちゅぶ みりん(@tmskbell0923)さんにお話を伺いました。

――いつから、どのようなことがきっかけでインスタで漫画を書き始めたのでしょうか?

ちゅぶ みりんさん:妊婦時代からです。娘の育児記録として描き始めました。

――鼻にビーズが入ってしまったと聞かされた時、どのような気持ちになりましたか?

ちゅぶ みりんさん:最初は頭が真っ白になり、もう本当に焦りました。。

――今回の件以外で、育児をしていてヒヤッとしたことはありますか?

ちゅぶ みりんさん:外出中に手を繋いでいたら、娘の腕が脱臼してしまったことです。今でも手を繋ぐ時は、気をつけてます。

――最後に、今後、どういった活動に取り組んでいきたいですか?

ちゅぶ みりんさん:育児あるあるや、自分の体験談等をどんどん描きたいです。
あとは絵の技術を上げて、丁寧にしっかりと描いていきたいです。

 

子供が鼻に物を詰めてしまうという事件は、我々が想像するよりも頻繁に起きているようですね。なんにせよ、無事にビーズが出てきて良かったです。

作品提供・取材協力:ちゅぶ みりん