「あの人なんかイライラしてるな…。」「自分の電話の声、邪魔になってないかな…。」——人の感情に敏感な繊細にとって、オフィスでの仕事はたくさんのストレスがあるものですよね。インスタグラムで活躍されるきやしさんは先日「繊細な人あるある職場編」を漫画にして公開されました。

「物音が気になって集中ができない」「イライラしている人がいると『自分のせいでは?』と気になってしまう」など、繊細な人であれば一度は悩まされたであろうストレスの数々を、全部で5つご紹介しています。

イライラしてる人がいると落ち着かない。提供:きやしさん

わかる人にはわかる仕事中の「あるある」を描いたこの漫画には「めっちゃ当てはまる!!」「機嫌悪い人を見ると、かなりソワソワする」「これ私じゃん…」などの共感コメントが数多く寄せられました。

インタビュー

投稿者のきやし(@kiyasi_kiyasi)さんにお話を伺いました。

――今回の漫画を描かれたきっかけについて教えてください。

きやしさん:私自身がオフィスで働いてる時に「しんどいな〜」と感じていたことを、共感してくれる人がいるんじゃないかな?と思って描いてみました。
こういうちょっとしたネガティブなことって、普段あまり同僚にも言わないと思うので、もしかしたら案外同じような人がたくさんいるんじゃないかという期待もありました!

――繊細である人が働きやすい環境を作りには、どのような工夫が必要だと思いますか?

きやしさん:今はテレワークも主流になりつつあると思うので、こういったオフィスでの仕事であれば、在宅も選択できるようになると業務自体に集中できるので働きやすくなるのではないかと思います。

結局、繊細な部分が作用してくるのって、人間関係の中だと思うんです。社内の人の目とか、機嫌の良し悪しとか気になっちゃうので。
なので、他人との距離感を自分でコントロールできるようになるとだいぶ楽だと思います!いくら好きな人でも毎日毎日朝から晩まで会ってたらちょっと疲れちゃいますし、距離感ってめちゃ大事です(笑)

――読者様の反響やお声はいかがでしたでしょうか?

きやしさん:「めっちゃ共感します!」というコメントをたくさんいただいて、嬉しい限りです。みんなしんどい思いをしながら頑張ってるんだなと思いました。

――最後に、この漫画をどのような人に届けたいですか?

きやしさん:基本は繊細なOLさんに見てほしいんですけど、人の感情の起伏に敏感だったり、他人の目が気になってうまく振る舞えないとか、外に出るだけで疲れるなど、生活してる中で「しんどいことが多いぞ」っていう人には分かってもらえる内容だと思うので、「私ってなんか疲れやすいかも?」って方にぜひ届いて欲しいです。

 

どうしても他人の行動や目が気になってしまうという方は在宅ワークなど「自分の性質にあった働き方」に移行することで、日々のストレスを減らすことができるかもしれませんね。

作品提供・取材協力:きやし
掲載元:きやしの部屋