今回は、看護師でイラストレーターの中山有香里さんの『3人娘の変わらないプリン』をご紹介します。

久しぶりに受け取った学生時代の友人からのメール。そこには友人が病魔に侵されたこと、そして「また会いたい」という思いが綴られていました。学生時代いつも一緒だった友人と、お見舞いに行くか悩んでいた時、あることがきっかけで病気の友人に会いに行く決心をします。

読んだらきっと昔からの友人に会いたくなる、そんな心に沁みる感動のストーリーをどうぞご覧ください。


twitter.com@musashi_0303

twitter.com@musashi_0303

twitter.com@musashi_0303


twitter.com@musashi_0303


twitter.com@musashi_0303

twitter.com@musashi_0303


twitter.com@musashi_0303

twitter.com@musashi_0303


twitter.com@musashi_0303

きっと人生最高のプリンとなったんでしょうね😭

「やせたようこを見たくない」元気だった昔の彼女を思い出すほど、会いに行くことを躊躇していたミカとカナ。そんな彼女たちがようこに会いに行く決意をしたのは、思い出のプリンでした。

何を話せばいいかわからないと言っていたはずが、再会した途端一瞬で学生の頃のような雰囲気に戻った三人。もしかすると三人での最後の再会になったかもしれませんが、この先もプリンを食べる度にこの時のことを思い出し懐かしむのでしょう。

再会を決意させた友達との思い出のプリン。切なくも心温まるストーリーに、多くの読者が思うように会えずにいる友人へ想いを馳せたようです。

・友達に会いたくなりました。友情を思い出す食べ物かぁ…素敵。

・プリン、届けに行けて良かったですね。作品と同じように友人がガンを患っていたので涙が止まりませんでした。

・久しぶりに会えた友人の姿に、色々な思いが詰まってこらえきれなくなった泣きの表情の描写がすごくリアルで、ウルッときてしまいました…。

・看護師をしているもので、患者さんに重なって胸が詰まりました。

現役看護師でもある作者の中山さんの書籍『ズボラな学生の看護実習本 ずぼかん』が、9月16日より発売開始!

看護実習の時に押さえておくべきツボをイラストでわかりやすくまとめられています。看護について学んでいる学生さんや看護婦さんはぜひ手に取ってみてはいかがでしょう?

また、作者の中山有香里さんのTwitterには大人気の『疲れた人に夜食届ける仕事』シリーズが不定期更新中!

仕事や子育て、その他の日常の様々な出来事に疲れ気味のあなたに元気を与えてくれる作品が多数投稿されているので、チェックしてみてくださいね。

Twitter:中山さん(@musashi_0303)/ ズルカン(@zurukan2018)
Instagram:中村有香里(@zurukan.yukari33)
書籍:ズボラな学生の看護実習本 ずぼかん
自分閻魔帳:ズルカン3
悲しいくらい人に聞けない看護技術:ズルカン2年生
ズルいくらいに1年目を乗り切る看護技術