野生とは思えないほどリラックスした動物の写真が、海外掲示板を中心にネットで話題となっています。

その写真を撮影したのは、フランスのヴォージュ在住の写真家アンソニーさんです。一体どんな動物かというと…。

日の出と共に現れたのは…

アンソニーさんは2020年の秋、数週間に渡ってある3匹の子ギツネを観察し続けていました。そんなある日の早朝、その子ギツネたちが巣穴から出てきたのを目撃したアンソニーさん。するとそのうちの1匹が、カメラの前でこんな姿を披露してきました。

思わずシャッターを切ったという、その瞬間の写真がこちらです。

二度寝しちゃった!

なんとアンソニーさんがカメラを構える前で、折れた幹に寝そべり始めたというんです。子ギツネはそのままスヤスヤと居眠りタイムに突入。とても気持ちよさそうな顔をしていますよね。警戒心のカケラもありません。アンソニーさんは頭の中で「信じられない、信じられない」と繰り返したそうです。

子ギツネはカメラ好き?

アンソニーさんは観察していた子ギツネたちと、何度か遭遇しています。カメラ目線で、ニッコリ見つめてきたときの写真がこちら。

また、兄弟の仲の良さがわかるこんな1枚も。

アンソニーさんの撮影する子ギツネの写真は、ただ可愛いだけじゃありません。野生ならではの、一生懸命に生きようとする意思がこちらに伝わってきます。

しかしこんなに自然体な子ギツネの写真を、アンソニーさんはどうやって撮っているのでしょうか。