子供はたまに不思議なことを言いますよね。ファミリー漫画と聞くとほっこりする温かいお話を想像する方も多いかと思いますが、今回紹介するのはちょっぴり恐怖を感じるホラーな話です。

「しろいおかーさん」と題する漫画を、ツマ子さんがインスタグラムに公開しました。子供たちとなごやかに会話するなか、娘が不思議な一言を言い出したのだと語るツマ子さん。その一言とは…「イチコはしろいおかーさんもしゅき~」というもの。

しろいおかーさんも好き! 提供:ツマ子さん

この一言で雰囲気が一変します。「しろい…白井さんなんて知らないし…」と、ツマ子さんは誰のことを言っているのか分かりません。幼稚園の友達のことか聞いてみると、娘は、「おうちにいる、しろいおかーさん」と答えました…。

おうちにいる、しろいおかーさんとは… 提供:ツマ子さん

「おうちにいる、しろいおかーさん」とは一体なんなのか……。結局何のことだか分からず終いで、ますます恐怖を感じるツマ子さんなのでした。

子育て中のヒヤッとする体験を描いて、1,800件以上のいいね(2021年9月7日現在)を集めたこちらの作品には「こわ!!」「まあ、もしアレでも、、、好きって事はいいモノなんじゃないかな、、、😂」といったコメントが寄せられました。たしかに、娘ちゃんも「好き」と言っているわけですし、その点はポジティブにとらえてもいい…のかも?

そんな実体験漫画の作者ツマ子(@tumakonofamily)さんに、詳しいお話を伺いました。

「しろいおかあさん」を描いたきっかけを教えてください。

ツマ子さん:いつも子供の面白い発言や行動を投稿していまして、この投稿も「子供が変なことを言ってる!」と思い描きました。

「しろいおかあさん」の正体について何か分かったことはありますか?

ツマ子さん:子供が「しろいおかあさん、ベッドのへやにいたね」と言ったことで、私のことではなく子供に見えた何かなのかなと思いました。

ベッドの部屋はだれも使っていない空き部屋で、普段は誰も入らない部屋ですから、お化粧をして肌が白くなった私のことではなさそうです……。

今回の投稿の反響はいかがでしたでしょうか?

ツマ子さん:ホラーとして読まれた方と子供のおもしろエピソードとして読まれた方、沢山の反響を頂きました!

今後チャレンジしてみたい活動はありますか?

ツマ子さん:今後もスルーできない子供のおもしろ発言、エピソードを投稿していきたいと思います!

子供たちによる不思議な行動には、とてもヒヤッとさせられますね。