風刺や知識、教訓などをわかりやすく伝える「ことわざ」。聞いたことがないものもたくさんあると思いますが、だからこそ、状況に合ったことわざをスッと使いこなせるようになったらカッコイイですよね。

今回は「ことわざの続き知ってる?」と題して、珍しいことわざをご紹介します。読むと昨日よりちょっと賢くなれるかも。

散り際の美学

「死に花を咲かせる」の説明

ことわざの意味や逸話

「死に花を咲かせる」とは、名誉を残すような立派な死に方をして名を残すことです。

「死に花」とは、死に際や死後の名誉のことを意味します。

黄熱病の研究中に自身も罹患し亡くなった野口英世はまさに日本が世界に誇る医学者です。生涯を伝染病の研究に捧げ、医学界に大きな功績を残したことは言うまでもありません。

読み書き

綺麗なお花を見るとにっこり笑顔になりますよね。「咲」という漢字はもともとは「笑」の古字として用いられていたんですよ。

例文

「あの人は病に冒されながらも最後まで人のために尽くし見事に死に花を咲かせた」