涼しい日もちらほらと現れ、少しずつ数を減らしつつある虫。彼らが原因で夏が苦手…なんて方もいるのではないでしょうか?さて、インスタグラムで二人の子供との日々を発信されている塩りさんは、先日「虫と子供」に関する投稿を公開されました。

コバエほどのサイズ感の虫であっても「やだ!こないで!」と拒絶してしまうほどに、虫が苦手な長女ちゃん。ある日、塩りさんは長女ちゃんがテレビの前で謎の行動を取っている様子を目撃します。

やだ!こないで! 提供:塩りさん

真剣な面持ちでテレビの前を行ったり来たりを繰り返す長女ちゃん。なんと、テレビに映っている「セミ」をちょんと触り、自身の度胸を試していたのでした。

何やってるんだろう…。提供:塩りさん

自分の行動を母が見ていることに気づいた長女ちゃんは「画面越しなら虫を触れるんだぞ」という謎のメッセージを込めて、渾身のドヤ顔を見せてくれました。

渾身のドヤ顔。提供:塩りさん

虫を怖がる女の子の面白おかしい様を描いたこの漫画には6,000を超えるいいねが寄せられました!

インタビュー

投稿者の塩り(@shio.ri03)さんに当漫画を描かれたきっかけについてを尋ねると「怖がりながらも画面越しに虫を触る娘の姿がかわいくて面白かったので、記録として残しておきたいと思い描きました」との回答がいただけました。恐る恐る画面越しのセミを触る様は、ほっこり笑わされますね。

また、育児において特に癒される瞬間はどんな時かを聞くと「娘たちが楽しそうに笑っている姿を見たときや、甘えて抱きついてきてくれるときです。」とのこと。眩しい子供たちの笑顔は、いつの時も親の活動の原動力なようです。

 

 

画面越しのセミを触り、素敵なドヤ顔を見せてくれた長女ちゃん。子供ならではの珍行動に、心から癒される投稿でした✨

作品提供・取材協力:塩り