持ち前の自由な発想で、いつの時も大人を驚かせる子供。制約がない彼らの思考は、まさにアイデアの宝庫と言えますよね。インスタグラムで活躍されるすずさんは先日、娘ちゃんの珍回答に驚かされた体験を漫画にして公開されました。

最近、4歳の娘ちゃんにお金の勉強を始めさせたというすずさん。これ何円?と見せると、しっかりといくらかを答えられるようになってきたのだとか。

お金のお勉強。提供:すずさん

実力がついてきたことを実感したすずさんは「一円玉を使って十円を作ってみて」と課題を出します。

一瞬表情を曇らせた後、作成したのはなんと一円玉で描かれた「10」の文字…!子供の発想の自由さに脱帽してしまうすずさんなのでした…。

10の文字。提供:すずさん

インスタグラムの投稿には、娘ちゃんが見せた珍回答に対して「大物になる予感」「そう来たか…」「予想してなかった答えでびっくりした」などのコメントが寄せられました。

インタビュー

投稿者のすず(@suzu_hanaike)さんにお話を伺いました。

――いつから、どのようなことがきっかけでインスタで漫画を書き始めたのでしょうか?

すずさん:仲の良い姉から「昔から絵を描くのが好きだったんだから、日常を漫画にしてインスタグラムに投稿してみれば?」と言われたのがきっかけです。2021年の2月から漫画を描きはじめました。

――娘ちゃんが一円玉で10を描いたのを見た時の心境を教えてください。

すずさん:4歳の長女は珍回答ばかり連発するのでビックリというよりは、またか〜といった心境でした。ほんとに4歳児は面白いです。

――他に「この子天才かも」と思ったエピソードなどはございますか?

すずさん:「天才かも」という感じではありませんが、、、ひらがなの練習をしている時に「ぽ」の丸の部分を2つ書いてしまう時期がありました。なぜ2つ書くのか聞いたら、「『ぼ』の点々(濁点)は2つ書くから、丸も2つでもいいと思う、丸は1つだけつけるって誰が決めたの?」と言われ、自由な発想に驚いてしまいました。

――今後、どういった活動に取り組んでいきたいですか?

すずさん:この漫画は子育て漫画ですが、インスタグラムではお得好き夫を観察した漫画をメインで描いています。我が家の異常な日常で、笑っていただけるように頑張りたいです。

 

 

大人では絶対に思いつかない、自由な発想を見せた娘ちゃん。「縛りのない子供の発想は無限の可能性を秘めている」と改めて思わされる投稿でした。

作品提供・取材協力:すず@エッセイ漫画