小さな子供特有の拙い喋り方や言い間違いは、親にとってとても愛らしいものですよね。中には「言い間違えているけれど、可愛いからもう少しこのままで…」なんて判断を下してしまう方もいるのではないでしょうか。インスタグラムで活躍されるぷにらーさんは先日、そんな「幼児語」に関する漫画を公開されました。

3歳の娘ちゃんの発する難解な言語を、自信を持って翻訳することができるというぷにらーさん。「たたいたべちゅくだたい」などのトリッキーな発言であっても、しっかりと通訳することができるのだとか。

たたいたべちゅくだた。提供:ぷにらーさん

ある日娘ちゃんの口から「ちいんならちたい」との言葉が。「オナラしたいのかな?」と推測して促すも、どうも翻訳ミスが生じている模様で…。

見かねた娘ちゃんが持ってきたのはなんと「シャボン玉」。ぷにらーさんはシャボン玉がしたかった娘ちゃんにオナラを勧めていたのでした…。

翻訳ミスもある。提供:ぷにらーさん

親子のほっこり面白いやりとりを描いたこの漫画には「シャボン玉だったか…!」「他人の私もオナラと翻訳してしまった!」などのコメントが寄せられました。

インタビュー

投稿者のぷにらー(@non_bilion)さんにお話を伺いました。

――この漫画を描かれたきっかけはなんですか?

ぷにらーさん:我が子の言葉はきちんは聞き取れると自信があったのに、とんでもない勘違い翻訳をしてしまい、自分でも笑ってしまったので描きました。

――シャボン玉を「ちいんなら」と言った娘ちゃんをみた時の心境を教えてください。

ぷにらーさん:言葉だけで「シャボン玉」に辿り着くのは不可能だなと。

それと、シャボン玉したがってるのに「離れてオナラしてくれると嬉しいな」とか全然関係ない事を言ってしまって申し訳なかったです。

――育児において特に癒されるなぁと感じる瞬間はどんな時ですか?

ぷにらーさん:姉妹が仲良く遊んでる時に特に癒されます。とても可愛い光景なので、2人まとめて抱きしめたくなりますね。

――最後に、今後、どういった活動に取り組んでいきたいですか?

ぷにらーさん:日々の育児話に加えて、出産・手術・単身赴任など、家族の深い話を面白可笑しく描いていけたらなと思います!

 

驚きの言い間違いでママを驚かせた娘ちゃん。しっかりとした日本語を習得するまでの間、これからもたくさんの言い間違いで周りの人を笑顔にしてくれることでしょう☺

作品提供・取材協力:ぷにらー