見た目や表情が怖いから萎縮してしまっていたけれど、実際に話してみたらめちゃくちゃいい人…!なんてことはありませんか?人は見かけによらないとはよく言ったもので、外見とその人の性格は時に大きく離れていることがありますよね。

インスタグラムで活躍されるささくれあさんは、エレベーターで出会ったとある男性の漫画をインスタグラムに公開されました。

ある日、エレベーターを待っている最中に少し表情が怖い男性と居合わせたささくれあさん親子。「子供が苦手なのかな?」と思ってドキドキしていると…。

少し怖い…。提供:ささくれあさん

最初の印象とは反して、素敵な笑顔で「ボタン押していいよ」と娘ちゃんに語りかけてくれた男性。子供に気さくに話しかけてくれる心意気に「やさしい世界」を感じたのだとか。

ボタン、押していいよ。提供:ささくれあさん

男性のほっこりするギャップを描いたこの漫画には「いいおじさま…惚れてしまう」「お孫さんがいる方なのかもしれませんね☺」などのコメントが寄せられました。

インタビュー

投稿者のささくれあ(@sasa_clare)さんにお話を伺いました。

――この漫画を描かれたきっかけはなんでしたか?

ささくれあさん:子供を連れていて心が温かくなる声かけをいただくことがあるので、覚えておきたいなと思って。今は我が子でいっぱいいっぱいですが、いつかこういう経験をお手本に見守る側になれたらいいなと思っています。

――このおじさんの最初の印象はどういったものでしたか?

ささくれあさん:眉間にしわが寄っていたように見えたので、小さい子どもが苦手かな…エレベータ内で騒がしくしたらすみません…と思いました。思い返せば娘がボタンに興味を示しているのを見ていてくれたのだなと思います。

――このおじさんの対応を見て、どういった印象を抱きましたか?

ささくれあさん:他人に声かけるのってなんだかんだ緊張するのに、話しかけてもらえて嬉しかったです。

――最後に、育児において特に大変だなぁと思うことはなんですか?

ささくれあさん:常に育児のアップデートが必要になるところでしょうか…子どもは心身ともに私の想像より早く成長していきますし、育児の常識も数年で変わっていっているように思います。

 

 

最初の印象を、素敵な対応で打ち壊してくれた男性。普段街で見かける少し怖いあの人も、実はとっても素敵な性格の持ち主かも…そんな風に思うと、この世界のことが少しだけ好きになれそうですね。

作品提供・取材協力:ささくれあ