人を楽しませてお金を稼ぐ子供達の憧れの職業、Youtuber。華々しい彼らの活躍を見て「将来はYoutuberになる!」という子供を持つ方も多いのではないでしょうか?

さて先日、そんなYoutuberを志す子供たちを描いた漫画が、インスタグラム上にアップされました。

兄と一緒に、Youtubeチャンネルを立ち上げると意気込む小学一年生の次男くん。「もらったお金でクルマを買ったり…」など、想像を膨らませます。

Youtuberになりてぇな〜。 提供:はる華さん

「始めるにはお金がかかる。ウーバーイーツを始めたら?」と提案する兄に対して「ダメだ…おれ…じてんしゃのれねぇわ…」と次男くん。

じてんしゃのれねぇわ…。 提供:はる華さん

練習するという選択肢を無視して諦めかけてしまう次男くんに「そこであきらめないで…」と心の中でツッコむママなのでした…。

Youtuberになるための構想を子供ながらの視点で語った二人を描いた当漫画には「やっぱりYoutuberは人気ですよね」「七夕の願い事でも、Youtuberになりたいと書いている子が多かった」「自転車に乗れるように頑張ろう」などのコメントが寄せられました!

インタビュー

投稿者のはる華(@happy_haruk)さんにお話を伺いました。

――この漫画を描かれたきっかけはなんでしたか?

はる華さん:兄弟のやりとりが、とても子どもらしくておかしかったので、漫画に描いてみたいと思いました。夢がYouTuber、というのも今時らしくておもしろいなと思ったので。

――Youtuberになるための構想を練る子供たちを見て、どんな感情を抱きましたか?

はる華さん:子どもなりにいろいろ考えているんだなとニヤニヤしてしまいました。どんな構想が出てくるのかとワクワクした気持ちになりました。否定せずに見守りたいなと思いました。

――子供達は普段、どんなチャンネルを好んで見ていますか?

はる華さん:まいぜんシスターズなど、マインクラフトの実況チャンネルや、ヒカキンさんなどのチャンネルをよく観ています。

――最後に、子供にとってYoutubeはどんな存在だと感じますか?

はる華さん:観たい時に観られる、テレビに近い存在で、日常に欠かせない楽しみのひとつになっている気がします。

 

すっかり子供達の日常の一部として組み込まれたYoutube。今のYoutuberを見て、今後どんなYoutuberが生まれてくるのか、とっても楽しみです。

作品提供・取材協力:はる華