多くの家庭で、いつの日か訪れる事になる子供の巣立ち。成長し家を後にする日のことを考えて、切ない気持ちになってしまうという方もいるのではないでしょうか?

インスタグラムで活躍されるつつまいさんは先日、息子くんが独り立ちする日のことを想像して綴った漫画を公開しました。

ある夜、ふと息子くんに「大きくなったらこの家を出て行ってしまうのかな…」と質問してみたつつまいさん。息子くんは少し寂しそうな表情で「なんで?そんなわけないじゃん」「この家が大好きだし、みんな一緒がいい」と教えてくれます。

いつか出ていっちゃうのかな 提供:つつまいさん

それが叶わないということを心のどこかで知っているつつまいさんは、今の息子くんを忘れないように「いつか背中を見送る日がきたら、こんな夜があったことを思い出そう」と心に誓うのでした。

こんな夜があったことを思い出そう。提供:つつまいさん

別れを知る親の切ない気持ちを描いたこの漫画には「やばい、涙が出ちゃいます」「心がキュッとなります」「私の息子も、いつかは…」などのコメントと、2,800以上のいいねが寄せられました。

インタビュー

投稿者のつつまい(@tsutsu_mai)さんにお話を伺いました。

――この漫画を描いたきっかけはなんでしたか?

つつまいさん:息子との寝る前のふとした会話ですが、きっといつか思い出す大切な会話になるんじゃないかな、と思いイラストとして残しました✏

――息子くんの発言を聞いて、どんな気持ちになりましたか?

つつまいさん:家族とずっと一緒にいたいと思ってくれて、そしてそれを素直に伝えてくれて、とても嬉しくて温かい気持ちになりました。

――最後に、この漫画をどういった方に届けたいですか?

つつまいさん:今大変な子育て真っ只中のみなさんに読んで頂けたら嬉しいです。目まぐるしい毎日で、バタバタと過ぎていく日々を過ごす同志だと思いますが、いつかこんな毎日もきっと思い出して懐かしく、大事な日々になるのではないかなと思っています。

「欲を言えば我が子と離れたくない、けれど我が子に世界を知ってほしい」——親特有の複雑な気持ちがこれでもかというほど伝わってくる、印象的な投稿でした。

作品提供・取材協力:つつまい