猫に人気のおもちゃ「猫じゃらし」を自動で動かすロボットが制作され、Twitter上で大きな反響を呼んでいます!

子猫大興奮!「自動猫じゃらしロボ」

投稿者は製造業向けロボットアームのソフトウェアを研究開発されているnecobotさん。「いつも15分相手すれば、満足だろうと思ってた主人だが、子猫の体力がいかに無尽蔵であるかをロボットで教わった。1時間経ってもまだ遊び続けている。。。」というコメント一緒に、猫じゃらしロボで遊ぶ愛猫の動画を公開しています。

まずはその動画の全容をダイジェストでどうぞ。


twitter.com@yo4hi6oooo

部屋の真ん中に設置されているのは、工場で稼働していそうな本格的なロボット。クネクネとした形状の長いアームがしなやかに駆動し、右に左に不規則な動きで猫じゃらしを振っています。


twitter.com@yo4hi6oooo


twitter.com@yo4hi6oooo

猫じゃらしロボに、白黒ハチワレ模様の子猫が勢いよく飛びつき大興奮!


twitter.com@yo4hi6oooo

ロボットのおかげで休みなく動き続ける猫じゃらしに、子猫は釘付けです。


twitter.com@yo4hi6oooo

子猫の表情はまさに獲物を狙うハンターのような真剣さ。すっかり猫じゃらしロボに夢中な様子ですね!

猫の遊びや運動のために猫じゃらしは欠かせませんが、長時間付き合う飼い主の負担は意外と大きいものです。もし、このような猫じゃらしロボがあれば、猫も飼い主も助かりそうですね。

ロボ誕生のきっかけを投稿者に聞いてみた

この猫じゃらしロボを開発した投稿者に取材を行いました。投稿者によると、このロボを開発したきっかけは、ほぼルーティーンと化していた「子猫の遊んで攻撃」。当時の状況について、投稿者さんはこう語っています。

「遊び盛りなのか、我が家の子猫は毎朝5時起きで、朝イチからフルテンションで遊んでくれー!とせがんでくる毎日でした。最初の頃は頑張って早起きして遊んでいたのですが、毎日続くわけもなく悩んでいて…。その間、様々な一人遊びのおもちゃを買っては飽きられを繰り返していました。」

そして投稿者さんは、猫じゃらしロボの開発と、ツイートするまでの経緯を次のように語っています。

「ロボットアームの研究開発を仕事でしていたこともあり、このロボットは学習用で購入しました、ふと学習している時に遊び心で百均の猫じゃらしをロボットに貼り付けて動かしたところ思いのほか猫が遊びだして、ロボットと猫が遊ぶのがカオスすぎて思わずツイートした次第です。」

偶然試した学習用ロボと猫じゃらしの組み合わせが、予想以上に効果的だったというのが凄いですね!

最後に、今後の猫じゃらしロボについて尋ねると

「(猫じゃらしロボの)製品化は全く考えておりません、学習内容をアウトプットするには面白そうなテーマだなと、そんな程度に考えています。」との回答がありました。そのうえで投稿者は「今回沢山の反響を頂いた事が、より励みになります。今後も楽しく学習しながら、人も猫も幸せにする、そんなロボットの開発が出来ればと思っています。」

との回答がありました。

猫じゃらしロボの改良型を含め、便利で楽しい機能をもつ新たなロボット発明に期待したいですね!

ネットでの反応は?

動画を見たユーザーからは「これは凄い!」「うちにも欲しいです」「ロボ最高ですね!」といった猫じゃらしロボへ興味津々というコメントが寄せられています。猫の飼い主ユーザーからは「子猫は永遠に遊ぶよね…」「子猫時代に欲しかった」などの、子猫の体力に関する反応も。

また、あまり長時間遊ばせ続けると子猫の体調に影響が出てしまうこともあるため、10~15分程度で休ませてあげられるよう、ロボットを調節してはという意見もみられました。

子猫を夢中にさせた猫じゃらしロボ。普通の猫じゃらしでは遊ばないという猫も、この猫じゃらしロボなら満足してくれるかもしれませんね!

Twitter:@yo4hi6oooo