夫婦で暮らしていると、たびたび問題になるのが家事の進め方。「進んでやってくれるのは嬉しいのだけれど、ちょっとやり方に納得できない…」なんて不満を持ったことがある方は多いのではないでしょうか?

インスタで活躍されるみかんさんは先日、旦那さんの家事に関する漫画を公開しました。

得意分野で大まかに家事の分担をしているというみかんさん夫婦。普段洗濯を担当しているのはみかんさんなのですが、みかんさんが疲れている時は「俺が干すから休んでいて」と提案してくれることもあるようで…。

休んでて?オレが干すよ 提供:みかんさん

イケメンすぎる対応を見せる旦那さんですが、絡まったままのズボンを干してしまうなど洗濯物の仕上がりはイマイチ…!旦那さんの好意に感謝しつつも、困惑するみかんさんなのでした…。

干し方がイマイチ…! 提供:みかんさん

相手に伝えることの難しさと思い通りにならない家事の苦悩を描いたこの漫画には、350を超える共感の「いいね」が寄せられました。

インタビュー

投稿者のみかん(@mochi_mikan_0123)さんにお話を伺いました。

——この漫画を描いたきっかけはなんでしたか?

みかんさん:私が疲れ気味なのを察して、代わりに洗濯物を干してくれた優しさ…に反して干し方が雑なギャップが面白くて描きました。

——旦那さんに家事の要望を伝える際、気をつけていることはありますか?

みかんさん:こうして欲しい…と思うことはたくさんあるのですが、ま、良っか、って思えるところは伝えず、譲れないところを絞って伝えるようにしています。
伝えるときは、例えば洗濯の場合、「しっかり広げて干さないと乾きにくいから、広げて干して欲しい」など、理由もしっかり伝えるようには気をつけています。

——では、旦那さんの家事で「助かるなぁ」と感じる瞬間は?

みかんさん:料理が得意なので、日々助かるなあと感じています。土日に作り置きして平日の私のお昼ご飯まで作ってくれたり。(在宅勤務なのでお昼は家で食べています。)

また、漫画にも描いたように、私が少し疲れている日はそれを察して、積極的に料理以外の家事もやってくれます。

——最後に、この漫画をどういった方に届けたいですか?

みかんさん:同世代の方や、夫婦二人暮らしをしている方に届けたいです。日常のささいな出来事を描くことで、うちも一緒ー!とか、うちではこうだよ!とか、共感したり比べながら、親近感をもって読んでもらえたら嬉しいです。

 

長年一緒に暮らしていく相手だからこそ逐一伝え方、態度に気を配る必要がありますよね。パートナーのありがたさと、夫婦のコミュニケーションの難しさを実感させてくれる投稿でした。

作品提供・取材協力:みかん