眠さや暑さ、様々な理由で、猫たちはその正体を露わにします。猫という生き物は、軟体動物かもしれないんです。その証拠となる写真をいくつかまとめました。その目で、真実を目の当たりにしてください。

1. タオル?

ソファにタオルがかかっていると思いきや、猫でした。投稿者の友達の猫だというこちらの写真。日の光を浴びて、まるで光合成でもしているようです。暖かくて気持ちよかったのでしょう。

My friend's cat melted

2. 惜しい

眠さに勝てなかった子猫。後もう少しでベッドだというところで、電池が切れてしまいました。本当にあと一歩ですが、もう限界だったのでしょう。たくさん遊んで疲れちゃったのかな?

my friend cat is so sleepy it fall asleep halfway

3. 暑い

ある夏の暑い日。動く気力を失った猫が、だらんとしています。「もう限界…」という声が聞こえてくるような…。完全に溶けきっていますね。

It's so hot, even the cat has melted...

4. 日光浴

庭で日光浴をしている猫。ポーチの柵の形に合わせるように、体をビヨーンと伸ばしています。猫ってこんなに長い生き物だったのか…。その伸縮力には驚きが隠せません。

日光浴猫は小さなポーチで溶ける

5. 液体

巷の噂によると、猫は軟体動物ではなく、液体だという話も…。猫のオスカーちゃんは、狭い場所に入り込むのが大好き。でもそのさまは、まさに液体といった感じです。

UPDATE: Feline continues to seek fully liquid state 

6. 猫の滝

キャットタワーで遊び疲れた猫が、脱力しています。やっぱり猫って骨がないんだ、と思わざるを得ないような体勢です。投げっぱなしにされた足が、無防備で可愛らしいですね。

Waterfall Kitty

7. 脱力

猫のミーラちゃんは、湖畔で発見され保護されました。フカフカなソファで、完全に安心しきっています。ここまで脱力できるなんて、やっぱり骨が入っていない…?

彼女の睡眠を妨げるものはほとんどありません

8. どこいった?

軟体動物かもしれない猫の特技は、かくれんぼ。「まさかこんなところにいないだろ」と俄かには信じられないような場所に、体を潜めることができます。スパイの才能があるかも。

What's for Dinner?