今回ご紹介するのは、文太さんの実体験漫画『裏口』です!

過去のご紹介記事はコチラ↓
【本気でゾッとしたい人しか読んじゃダメ】深夜の台所に現れたアネの話…
【4万いいね】部屋に一人きりなのに、足に当たった「何か」とは…

幼い頃から数々の不思議体験をしているという作者の文太さん。実家のリビングから見える洗濯機置き場はどうやら、“ナニモノかの通り道”になっているようで…。


twitter.com@bunta_50

twitter.com@bunta_50

twitter.com@bunta_50


twitter.com@bunta_50


twitter.com@bunta_50

twitter.com@bunta_50


twitter.com@bunta_50

twitter.com@bunta_50

絶対に自分が体験したくない体験談だった…😨

もしかすると中には、作者の文太さんのように“何となく苦手なところ”が実家にあるという方もいるかもしれませんが、この裏口から洗濯機置き場にかけてのように、ナニモノかの「通り道」になっているのは心底ゾッとしますね。

それまではただ通り過ぎるだけの影でしたが、突然現れた“手”によりとてつもない恐怖を与えられたという体験は、段違いの恐ろしさを感じました。

当時小学3年生だった文太さんが、恐怖に耐えられず逃げてしまったのも当然でしょう。コメント欄には、心霊体験をしたという方をはじめ、今回の心霊現象に様々な憶測のコメントが寄せられました。

・怖くなくなった所で急に悪意のあるやつが現れるのはマジで怖い…。

・霊道だったから心霊現象が多かったのかな。

・私の実家にも裏口があって同じように隣りの部屋からじっとこちらを見ている人っぽいヤツがいたことを思い出しました。

・コレは本を出せるレベルで怖い…。

さて作者の文太さんのTwitterには、今回ご紹介したような過去の実体験漫画の他、カラーイラストも多数投稿されていますよ!

他の心霊エピソードが気になる方は、ぜひフォローしてみてくださいね!

Twitter:文太(@bunta_50)
pixiv:文太