以前から何度かクレイジーでもご紹介しているケイコモエナさん。スイスの山奥から、海外の文化や子育てのあれこれについてを発信しています。

人と被ることが多かったこと、英語発音の耳障りの悪さから、昔から自分の名前を嫌っていたというケイコモエナさん。しかし、あることがきっかけで自分の名前が大好きになったのだとか…。

それではどうぞ↓

素敵なお話ですね…。

「最初から最後まで、恵まれた子でありますように」そんな想いで、数ある名前の中から「恵子」という名前を選んだご両親。母と父の優しい願いは、しっかりと現実のものとなっているようです。素晴らしい名前をつけたご両親、そしてその旨を汲んでケイコさんに伝えた友人…お二人ともとっても素敵です。

他の人と被ったり、耳障りが悪かったり、響きが古かったり…自分の名前を愛せないという方は「なぜ、この名前なのか」を今一度考えてみてはいかがでしょうか?今まで知り得なかった、親の想いが浮き彫りになるかもしれません。

作品提供:ケイコモエナ