世界中から注目を集めている、若き天才がいます。

その天才とは、ナイジェリア出身のカリーム・ワリスさんのこと。恐ろしくリアルなポートレートを描く子どもがいると、11才のとき注目を集めた人物です。カリームさんが描いた自画像がこちら。

これを当時11才の少年が描いたなんて、信じられません…!子どもの絵が上手いレベルとは、訳が違いますよね。今にも動き出しそうな躍動感が、見る人の心を掴みます。

カリームさんが絵を描き始めたのは、6才の頃。写真を側に置いて見ながら描くのが、彼のスタイルです。