人を見かけだけで判断するのは良くない。そんな教えを体現するかのような人たちが、海外のネットを中心に注目を集めています。

ある日、アメリカ・インディアナ州の路上で、レモネードの屋台を出していた少年プリンスくん。すると目の前の道を、いかついライダーの集団が通りかかりました。停車して、体格の良い男性が降りてきます。ゆっくり近づいてきて、プリンスくんたちに声をかけると…。

Please support Prince lemonade stand soon to be prince lemonade fresh fruit juice truck with multiple choices of fruit🍋❤🍋

The material posted here, including the lemonade stand video, is Copyright 2021 Yohinnest Herrod. For permissions or licenses, contact Overhauser Law Offices, 317 467-9100 / poverhauser@overhauser.com

Yohinnest Herrodさんの投稿 2021年5月15日土曜日

 

みんな優しい!

次々とライダーたちが下車し、レモネードを買ってくれました。彼らが現れたとき、子どもたちの間には、一瞬ピリッとした空気が流れたようにも感じます。たしかにあんなに大勢のライダーが集まってきたら、少しビビっちゃうかも。しかし見かけによらず、みんなフレンドリーで良い人たちだったようです。

Yohinnest Herrodさんの投稿 2021年5月25日火曜日

ニュースメディアNewsweekの取材によると、このバイカー集団は日頃、チャリティーイベントやバイクのお祭りなど、さまざまなイベントを催しているマジの良い人たち。

またプリンスくんの夢は、将来レモネードショップをトラックで営業すること。そのための練習として「まずは自分で屋台を出してみよう」と、父親であるヨヒンネスト・ヘロッドさんに勧められ、動画のような光景に至ったとのことです。

このほっこりする動画を見た人たちからは、Facebook上でこんな反応が。

「元気をもらいました!バイカーたちは良い人たちだね」

「なんて素晴らしいことなんでしょう。善良な人たちが子どもに優しくしているのを見るのは好きです」

「バイカーは本当は良い人たちばっかって聞いてるよ」

実際に触れ合ってみないと、相手の心ってわかりづらいものですよね。素敵な出会いに、ほっこりしました。