以前から何度かクレイジーでご紹介している渡部アキさん。過去の印象的な出来事や育児に関するあれこれを漫画にして日々投稿しています。

小学生のある日、学校のガラス戸を足で止めようとした結果、大怪我をしてしまったという渡部アキさん。周囲の心配をよそに、こんな思考が頭を駆け巡っていたのだとか…。

※リアルには描かれていませんが、怪我・血に関する描写が含まれます。苦手な方は閲覧を控えるようにして下さい。

それではどうぞ↓