以前から何度かクレイジーでご紹介しているあぴママさん。9歳の娘ちゃんとの日常や、育児に関する情報をわかりやすい漫画にして投稿しています。

育児を経験する人なら誰もが一度は頭を悩ませたことがあるであろう問題、子供への注意の仕方。今回は、あぴママさんが提唱する「良質な関係を保ちつつ叱る方法」をご紹介していきます。

それではどうぞ↓

なるほど…。

確かに「絶対にしてはいけないよ!」のテンションで毎回怒られてしまうと、子供は次第に心を閉ざし、日々を楽しめなくなってしまうかもしれませんね🤔「これは努力目標だよ」「いつかできるようなるといいね」といったニュアンスを丁寧に伝えることで、子供の疲弊を回避することができる…また「怒りすぎてしまった…」といった自己嫌悪からも解放される…これはかなりメリットの大きい育児方法だと言えそうです☺

最近親子共々疲弊している…なんて方は、子供への怒り方の使い分けを意識してみてはいかがでしょうか?

さて、ここからは上記の投稿にて軽く触れられたあぴママさん提唱の「子に嫌われない怒り方」をご紹介していきます。


作品提供:あぴママ
Twitter:あぴママ
ブログ:あぴママびより